日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2006年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 六本木ヒルズがもたらせたもの? | メイン | グレイなイエローについて! »
教育改革について 2006年10月23日
 

DSC00171.JPG←リクルート発行Rティーチャー

DSC00172.JPG←俺が先生向け人生相談

安倍内閣が誕生し教育改革が叫ばれているぜ。
また、学校でのいじめ自殺者の対応をめぐり、
教育者として考えられない、
先生や教育委員会の無責任な言動が
マスコミで問題となっているぜ。

俺は今年の4月より
リクルートが発行する学校の先生向け
フリーペーパー「Rティーチャー」で
先生向け人生相談を実施しているぜ!

俺は先生にハッキリ物を言っているぜ。
公務員ということもあり、
考え違いしている先生がいるぜ。

例えば、
自己成長のために勉強したいが、
教職が忙しすぎて勉強できない、
という相談があったぜ。

民間企業では忙しいことを理由に
何かをできない、ということは、
できている人が暇だということを意味するため、
禁句だということを教えたぜ。

民間のビジネスマンは
みんなが忙しいことを前提に
コミュニケーションをするため、
そもそも忙しいから○○ができませんでした、
という発想は絶対に起こりえないと。

俺は教育者を
教育することで
俺なりの
教育改革を
やっているということだぜ!

先生からの反応も様々で、
賛否両論あるが、
民間の発想を知ることができて、
教育者として参考になるとの意見ももらったぜ。
ひとりでもふたりでも
俺の意見に感銘をうけて
教育者としての
視野を広げてもらうことは
嬉しいぜ!

教育改革を
政治や行政の問題としてとらえるのではなく、
俺たち個々の問題としてとらえて、
自分なりにできるアプローチで
改革に参加することが重要だぜ!

俺はこれからも
Rティーチャーで先生に
吠え続けるぜ、
熱いぜ!!

人気blogランキングに登録だぜ!熱いぜ!

投稿者 admin : 2006年10月23日 10:56

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/196

 

コメント  
 

すごいです。大條さん、教育改革もやってるんですね。
熱いピーポーはやはり違いますね。

投稿者 hanaki : 2006年10月23日 13:37
 

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005-2020 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |