日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 2020年7月 | メイン | 2020年9月 »
向研会2020.8月セミナー 2020年8月21日
 

200821.jpg

本日8月度向研会に参加した。今月のテーマは「With/Afterコロナ時代の生産性向上策」。
講師は弁護士ドットコム内田社長とAIInside渡久地社長だった。
弁護士ドットコム社はクラウドサイン、
AIInside社はDX Suiteによってポストコロナ時代の日本の生産性向上を目指している。
興味深かったのは、生産者人口が減少の中、人の作業時間は増加している、というデータ。
人の実働時間をDX化することで解消しなければ労働者は過重労働になるというマクロデータだ。
当社は総務部の生産性向上を目指している。
総務は労働集約業務がとても多い職場だ。
我々がDXを進めることでその課題解決をサポートしなければと強く決意した。
今日は朝7時から気温が高かった。
ポストコロナにむけた自身の課題を再確認できたため、
僕自身更に熱くなった。
日本の総務部生産性向上、
熱いぜ!

投稿者 admin : 14:30 | コメント (0) | トラックバック
 

変化すること 2020年8月 6日
 

200806.jpg

僕は毎朝ジョギング中に様々なことを考える。
今日は「変化」について考えた。
僕の友人は白金でダイニングバーを経営しているが、
緊急事態宣言中スーパーや外食チェーンのデリバリーのアルバイトをしていた。
彼は「店をオープンできないが、自分の時間はあるので」と、さらりと言った。
僕はその姿勢にとても共感できた。
僕もコロナ渦で大型イベントの仕事を失った。
それは当然経営に影響を及ぼした。
しかし、当社はコロナ渦でも求められるサービスと事業があった。
僕はそれらにシフトチェンジした。
コロナ渦の影響は大きいが、コロナ渦だからこそできることをする。
それが「変化」だと思う。
「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である(ダーウィン)」。
早朝の表参道はダーウィンが僕に「変化」を語り掛けるような、
透き通ったフォローの風がだった。
蝉の鳴き声と表参道の緑が僕に勇気をくれた、
熱いぜ!

投稿者 admin : 12:37 | コメント (0) | トラックバック
 

 
Copyright (C) 2005-2020 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |