日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 2020年12月 | メイン
向研会2021.1月セミナー 2021年1月22日
 

210122-1.jpg

本日2021年初の向研会に参加した。
早朝セミナーにも関わらず多くの経営者が参加していた。
テーマはコロナ渦で描く成長戦略。
講師は近年IPOを達成された二人の経営者、
(株)イノベーション富田社長と
(株)プレイド倉橋社長。
僕は2つのことに刺激をうけた。
第一に、やるべき事業と辞める事業を仕分け。
時代が大きく変化する中で本質的な顧客価値を熟考し、
辞めるべき事業から勇気ある撤退をすることによって
大きな成長を遂げられている。
じつは同様のケース事例を
昨年IPOしたAIを提供する会社の篠田社長も話していた。
顧客への提供価値を常に見直し、時代とのミスマッチを
勇気をもって解消していくことこそ、経営だと整理した。
第二に、EX(Employee Experience)を重視していること。
EXとは従業員が価値開発に集中できる環境へ投資すること。
DXを推進するのは、やはり「人」であり、その育成を重視すること。
コロナ渦だからこそ「人」の価値は更に重要だと僕は考えている。
とても共感できる講義だった。
今年も向研会で様々な刺激をうけ、僕が更に成長したい。
熱いぜ!

投稿者 admin : 12:05 | コメント (0) | トラックバック
 

愛と怒りの地平線「愛情にアクセルだぜ!」 2021年1月 8日
 

210108.jpg

<今月のかもめのお悩み>
娘を溺愛してしまいます 。
娘が可愛すぎて、つい甘やかし過ぎてしまいます。娘の言いなりで、
無条件になんでも買ってあげてしまい、おもちゃやお菓子が家中に溢れています。
そろそろ4歳になるので、シャキッと育てないといけないとは思うのですが、
愛が止まりません。一体どうしたらいいでしょうか?
<回答>
親のあふれる愛情をうけた子供は
他人にも愛情を注ぐことが出来るようになるぜ。
お前はじつに素晴らしい子育をしているぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
<キャッチ>
愛情にアクセルだぜ!
<本文>
俺は中学1年生の息子がいるぜ。
俺もお前に負けず劣らず息子に無限の愛情を注いて育ててきたぜ。
息子が赤ちゃんの時には息子が空腹やオムツ交換など
不快に思うことを先取りすることで泣かない赤ちゃんだったぜ。
息子はそのことについて当然記憶はないが、
VTRに残った当時の映像を見て、
自分がうけた愛情の深さを客観的に理解しているぜ。
そして息子は今、中学生になり物事の良し悪しを教える際、
無限の信頼をもって我々両親の話に耳を傾けてくれるぜ。
個人的に6歳までに親が注いだ愛情の絶対量が
子供と両親の信頼ベースを創ると振り返るぜ。
いいか、その意味でお前は全く正しいぜ。
そして今以上の愛情を注いであげてほしいぜ。
おもちゃやお菓子があふれている映像をしっかりレコードし、
いつの日かお前が注いだ愛情をお嬢さんが
客観的に振り返れるようにしてほしいぜ。
親バカだと言われても気にする必要はないぜ。
むしろ最大の誉め言葉だと信じてお前の愛情にアクセルを踏んでほしいぜ。
俺の気持ちが温まるとても素晴らしい相談だったぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 13:16 | コメント (0) | トラックバック
 

2021ご挨拶 2021年1月 1日
 

20210101.jpg

「誤解される余地なく、簡潔で無意味なフレーズ、イエイはピンチを乗り越える掛け声になったぜ。大きなピンチをどう乗り越えるかその行動次第で人生は大きく変化するぜ。ピンチの時こそ自分の武器を生み出すチャンスだぜ!」「社会人のオキテ(実業之日社)」 大條充能著。
私自身の著書がコロナ渦での心構えを今の私に改めて語ってくれました。当社は今こそ新しい武器を生み出すチャンスだと考え2021年をスタート致します。イエイ!。2021年元旦大條充能

投稿者 admin : 00:06 | コメント (0) | トラックバック
 

 
Copyright (C) 2005-2021 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |