日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 2022年12月 | メイン
向研会23.01セミナー 2023年1月23日
 

230123-1.JPG
230123-2.JPG
230123-3.JPG

先週、1月度の向研会セミナーに参加できなかったため、本日オンラインでセミナーを受講した。講師はDRONE FUND共同創業者の大前創希先生、テーマは「ドローンビジネスのインパクト」。講義をうけての感想はドラえもんで見たような世界をドローンが実現してくれるという未来だった。子供を見守るドローン、犬を散歩させるドローン、日傘や宅配をするドローン。夢の世界が現実になろうとしていることを痛感した。ビジネス的には、地上500m以上は飛行機やヘリコプターが飛び人類は有効活用できているが、地上300m以下の区域は人類が有効活用できていない区域であり、この課題解決をすることがドローンマーケットの将来可能性だという全体マーケット感を持つことが出来た。ウクライナでドローンが戦争に活用され戦争のイメージが強いが、DRONE FUNDが理念とする人間社会の課題解決する夢の世界をイメージするととても明るい未来をイメージできた。そのための法改正や先行企業事例など、ドローンについて包括的に勉強できた、熱いぜ!

投稿者 admin : 16:46 | コメント (0) | トラックバック
 

愛と怒りの地平線「長期リフォーム計画で愛着心を倍増だぜ!」 2023年1月 4日
 

230104.jpg

<今月のかもめのお悩み>
理想の家がわからない。
スーモカウンターで、日々カスタマーの叶えたい暮らしを言語化できるよう頑張っていますが、自分自身の満足する家になかなか出会えません。実家を出て賃貸マンションに引っ越した時も、分譲マンションを購入し住み替えた時も、以前より快適になったなと感じる一方、「前の家の方が良かったな」とか、「もっとここがこうだったら...」と思うことが多々あります。分譲マンションを探すカスタマーに、「100点満点の家はないよ! 住みながら100点に近づけるんだよ!」とお伝えしているものの、かくいう私も現実的なマーケットを知りつつ、どこかに「もっと素敵な住まいがあるのでは?」と思ってしまい、なかなか自分の住む家に満足しきれません。どうしたら自分の家にもっと納得感や満足感を得られるのでしょうか?
<回答>
俺は早朝番組「建もの探訪」の大ファンだぜ。登場する家を見ては「もっとこうしたい」を毎週感じているぜ。お前の気持ちをかなり理解出来るぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
<キャッチ>
長期リフォーム計画で愛着心を倍増だぜ!
<本文>
俺は2005年に自宅(戸建)を購入し、17年も住み続けているぜ。しかし俺の自宅への愛着心は一向に衰えることを知らないぜ。それは何故か?振り返ると8年サイクルで大きなリフォームを実施したからだぜ。一度目は床をフローリングから白の大理石にし、二度目はリビングとキッチンの仕切りを失くしオープンキッチンにしたぜ。8年ごとに実施したそれは同じ家に住んでいるとは思えない程、生活に新しい風を吹かせてくれたぜ。俺はお前にも一定周期でリフォームをすることをお勧めするぜ。ただし、リフォームには予算が必要だぜ。マンションの共有箇所で実施する長期修繕計画のように、お前のリフォーム予算を予め積み立てて計画的にそれを実施することで実行難易度を軽減できるぜ。俺がそうだったようにお前も家をリフォームすることで愛着心は確実に向上できるぜ。最後に、いったい自分は何をリフォームしたいのか?という潜在意識を確認するには「建もの探訪」を毎週見ることをお勧めするぜ。渡辺篤史さんが家に入った時に発する「ため息のような驚き」が俺の潜在的欲求に火をつけてくれるぜ。いつの日か俺とお前は渡辺篤史さんを家に招待できる日を信じて家に愛着を持ち続けようぜ、熱いぜ!

投稿者 admin : 17:30 | コメント (0) | トラックバック
 

 
Copyright (C) 2005-2023 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |