日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
RSS1.0
RSS2.0
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
向研会22,5月セミナー :2022年5月25日
 

スクリーンショット 2022-05-25 174946.png

先週、向研会5月セミナーに参加できなかったので、収録オンラインで受講した。今月の講師は学校法人角川ドワンゴ学園理事の川上量生さん。テーマは「21世紀のリーダーシップ~偏差値教育外で磨かれる変革者~」。全くの白地ブランドでスタートしたいという思いからアルファベット1文字で「N高」と命名した経緯。またイデオロギーにはこだわらないが、集団社会に適用できる個人を育成する機関でありたいという川上さんの信念(N高使命)がN高を日本の教育機関から注目されていることが良く理解できた。ドワンゴ設立当時のユニークなエピソードもとても勉強になった。会社経営においても教育運営においても軸はぶれずに繋がっていることにとてもインスパイヤーされた。熱いぜ!

投稿者 admin : 17:47 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

Special mission employee meeting! :2022年5月23日
 

220523.jpg

We have supported getting visa to OBIC Seagulls player from 10 years ago.
We held special employees meeting today.
I gave an overview of our company in English.
The speech in English was a lot of fun.
Thank you for that opportunity.

私たちは10年前からOBICシーガルズプレーヤーへのビザの取得をサポートしてきました。
本日は特別社員会議を開催しました。
弊社の概要を英語でお伝えしました。
英語でのスピーチはとても楽しかったです。
その機会をありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 11:19 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

22年初任給現金支給式 :2022年4月28日
 

220428.jpg

本日、
新入社員に対して初任給の現金支給式を実施した。
本社でオンライン中継をして全社に配信した。
ゼロインを創業して以来、
新卒社員の初任給は現金で支給することを継続している。
僕が84年にリクルートに入社した際、
給与の重みを感じるためにあえて現金で支給してもらったことが
とても嬉しく感じたため、ゼロインもそれを実施した。
現在のリクルート社はそのようなことを行っていないが、
当社が継続することでその精神を受け継いでいるともいえる。
新人が初任給の使い道をオンラインで全社にメッセージした。
親孝行に使うという社員やバイクの免許のために使う社員などじつに多彩だった。
新人の皆さん、1か月お疲れさまでした。
引き続き仕事を楽しんでほしい、
熱いぜ!

投稿者 admin : 17:58 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会22年4月セミナー :2022年4月18日
 

220418-2.jpg
220418-1.jpg

4月15日向研会セミナーに参加した。「デジタルで変容するヘルスケアと日本の課題」を大前先生に講義頂いた。日本の課題は35兆円の社会保障費であることは言うまでもない。コロナ渦で問題が指摘された医療の生産性向上をいかに成し遂げるのか?ここに日本の未来がかかっていると言っても過言ではない。本日の講義を聞いて、シンプルに他国の成功事例から学ぶことが重要だと思った。USのテラドック・ヘルス社はオンライン診療で急激に利用者が拡大している。①オンライン診療を年中無休・24時間受けることができる。②オンラインで処方箋を発行してもらい、薬局で購入できる。③世界40以上の言語でケアを受けられる。④アマゾンのオンライン薬局を使えば薬の宅配可能。僕はこのようなサービスを日本で受けられるととても嬉しいし医療業界全体の生産性を改善できる。中国でも同様のサービスが医療のメインとなっている。日本は様々な既得権者がいることを理解しているが、シンプルにユーザー視点で業界のあり方を見直すときがきていると感じた、熱いぜ!

投稿者 admin : 16:02 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「可能性を多角的に広げろ!」 :2022年4月 4日
 

220404.jpg


<今月のかもめのお悩み>
祭りが好き過ぎて、エネルギーを持て余しています。
中学生の時に福岡に引っ越して以来、祭りにどハマり。九州中の荒々しい祭りに参加してきました。就職して上京して神田祭で神輿を担いだりもしましたが、どうも荒々しさに欠ける上、コロナ禍で久しく祭りもありません。このエネルギーをどうすれば? 博多祇園山笠を想い、一人部屋で「祝いめでた」を熱唱する日々です。


<回答>
4月は新社会人が上京する季節だぜ。お前のように祭りの喪失感や望郷の念に思いをはせる人が沢山いるぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
<キャッチ>
可能性を多角的に広げろ!
<本文>
俺は青森県弘前市出身だぜ。弘前公園の桜祭りやねぷた祭りの季節は、俺もお前と同じような気持ちになったぜ。それは望郷の念だったと振り返るぜ。一方で東京には東京でしかできないことが山ほどあり、俺はアクションしたぜ。当時ブームになっていた原宿の歩行者天国で踊ったり、テレビ番組『三宅裕司のいかすバンド天国』へ出演したり、海外旅行することだぜ。ポイントは仕事とプライベートをバランスよく、多角的に実施することだぜ。そうすることで、自分では気付かなかった能力を発見できるぜ。行動心理学から導いた統計学では「人には発揮していない96%の潜在意識がある」という考えがベースにあるぜ。お前の祭り好きパワーを潜在意識パワー活用に移行できれば、奇跡の人になれるぜ! 興味があれば個別にアドバイスするぜ。話を戻すと、そのためのファーストステップとして、東京でしかできない、今しかできないことを、とことんやり抜いて欲しいぜ。最後に、一人部屋での「祝いめでた」は危険だぜ。近隣トラブルに巻き込まれるぜ。博多出身者のママが経営するスナックを開拓し、ママと一緒に熱唱しようぜ、熱いぜ!

投稿者 admin : 11:35 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

22年入社式 :2022年4月 1日
 

入社式写真22年.jpg

ゼロインは22年4月1日8名の新入社員を迎えることが出来ました。
先ほど、リアル&全社オンライン中継で入社式を実施しました。

私は新入社員に次の言葉を贈りました。
約400万社ある企業の中からゼロインを選択した新入社員。
約70万人の社会人デビュー者の中から8名を選択したゼロイン。
この確率は、小数点より右にゼロが44個の70、
という途方もない確率になります。
ちなみに、隕石が頭に直撃する確率は、小数点より右にゼロが8個らしいので、
ゼロインに8名の新入社員が入社する確率は、隕石が5回連続で直撃するほどレアな確率となります。
(確率計算:当社IT推進室I君)。
それだけ、ゼロインという会社人格と新入社員8名は運命的な出会いをしたことになります。
このご縁を双方が大切にし一緒に成長発展させたいと思います。

新入社員の皆さん、ゼロインに入社頂き、ありがとうございます、
熱いぜ!

投稿者 admin : 14:45 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会2203セミナー :2022年3月22日
 

220322.jpg

今月の向研会はオンラインで参加した。テーマは「大前流21世紀型・経済理論。人生100年時代の国家戦略」。日本は何故内需拡大しないのか?という謎を日本人消費心理と国家経済戦略と他先進国との対比によってレクチャー頂いた。将来不安に怯える日本人と人生を楽しむ為にポジティブに個人資産を運用する米国人の対比が端的に言い表している。レクチャーを受けての感想は何事も国家に頼らず我々個人が自分の人生と経済に意志を持って創造するという意識の差が拡大していると結論づけた。人生100年時代に僕はどのように楽しみたいのか?その為に資金をどう創造するのか?を計画しようと決意した、熱いぜ!

投稿者 admin : 12:01 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

イングリッシュクエスト検定合格 :2022年3月10日
 

220310.jpg

2018年、僕はゼロインの20周年記念総会で①将来ダボス会議に参加すること②そのために英語を話せるようになること、を全社員の前で宣言しました。それから3年、僕は「ちよまる式イングリッシュクエスト」の卒業認定試験に合格しました!卒業認定試験は先生からの質問に対して全て英語でロジカル(結論・説明・説明)に回答し、30分以内に50問をクリアする試験です。1問でも回答できなければそこで時間を消費しドボンするというサバイバル的プレッシャーがある試験でした。英語力に加え、瞬間的に明瞭な回答を構成できる言語力が求められます。この3年間毎日コツコツ英語とロジカルに回答する力を訓練してきました。自分自身の努力がこのように認定されたことにとても嬉しく思います。語学にゴールはありません。まだ引き続き英語力を高め、国際ステージで自分の考えを堂々とプレゼンできるように尽力したいと決意を新たにしました、熱いぜ!

投稿者 admin : 11:35 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「ビジネス信条を共有しようぜ!」 :2022年3月 3日
 

220303.jpg

<今月のかもめのお悩み>
ご飯の心配をされてしまいます。
私は12名いる時短勤務メンバーのサポートや育成を担当しています。メンバーの質問や相談にはなるべく早く返信するよう心がけており、あまりにもいつでも光の速さでメールの返信をするため、ついに「大久保さんはご飯も食べずに仕事をしているのではないか」という噂が広まり、ミーティングの前やオフィスで会った時に「今日はご飯食べましたか?」、「昨日はちゃんと休みましたか」と聞かれるようになりました。多分、実家の母より私のご飯事情を心配していると思います。実は休む時はちゃんと休んでいるのですが、メンバーに心配されないようにするにはどうしたらいいでしょうか。

<回答>
仕事の遂行ポリシーは様々あるが、業務遂行スピードが早い人はビジネスパートナーとの信頼を獲得できるぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
<キャッチ>
ビジネス心情を共有しようぜ!
<本文>
俺は業務の優先順位をつけなければならない人は、その場で業務を素早く処理できずに積み残してしまう人に発生する現象だと考えているぜ。俺は今すぐ出来る業務はその場で遂行することを心掛けているぜ。その意味ではお前の「光の速さでのメール返信」にはとても共感するぜ。一方で俺が社長の立場でメンバーにむけて光の速さで業務遂行した場合、それと同じ速さで遂行しろ!とプレッシャーをかけられていると誤解されることは本意ではないぜ。その誤解を回避するために、自分のビジネス心情をあらかじめメンバーに共有し、決して同じことを強要しているのではないということを予め共有しているぜ。お前も同様に、ONとOFFは明確に分離していること、ONタイムにおいては光のスピードで要望を解決することなどのビジネス心情をメンバーと共有することをお勧めするぜ。メンバーがお前のプライベイトな心配をすることなく、お前の人柄やビジネスポリシーにのみ注目が集まるぜ。
メールの言葉遣いや返信のスピードは相手と信頼を構築する絶好の機会だぜ。お前の持ち味を遺憾なく発揮してほしいぜ、熱いぜ!

投稿者 admin : 17:47 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

ビジョンクエスト研修 :2022年3月 2日
 

220302.jpg
220302-2.jpg

先週末、溝口先生が主宰するビジョンクエスト研修に参加しました。
この研修は非日常の大自然の中でスマホ利用及び人との会話を遮断し、不自由な状況の中に身を置き、自分自身をじっくり考えることによって真のビジョンに気づくことが目的です。
1, 表面的意識(建前)
2, 内面的意識(本音)
3, 潜在的意識(能力・ポテンシャル)
4, 暗示力
ビジョンクエスト研修は3と4を引き出すためものです。
ビジョンクエスト先進国の米国においてはパームスプリングスなどのインディアン保護区の中で実施することが多い研修です。
僕は、3日間沖縄のビーチを見ながら自分の潜在意識にある願望と真剣に向き合いました。何もない沖縄の地で海に向かってただただ考えました。自分は何になりたいのか?
不思議なくらいに僕の中から沸き起こった感情がありました。まさに潜在的意識にある感情でした。
なかなかこのような時間をとれない人が多いと思いますが、あえて全ての交流と機器を遮断し、大自然中で自分の内面と交信する機会を持つことをお勧めします、熱いぜ!

投稿者 admin : 12:06 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

 
Copyright (C) 2005-2022 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |