日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
RSS1.0
RSS2.0
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
初任給(現金)授与式2021! :2021年4月28日
 

初任給授与2021.JPG

本日、新入社員への初任給授与式を行った。
緊急事態宣言中ではあったが、
5名が出社シフトであったため
当社が毎年恒例にしているセレモニーを
感染対策をしっかり行い実施した。
昨年はコロナ渦で実施できなかったので2年ぶりだった。
当社は創業3年目に新卒社員が入社して以来、
ずっと初任給は現金で支給してきた。
働くことの重さをこれで感じてほしいとの想いをこめて。
新人のみんなのコメントも入社式より社会人らしくなり、
この後とても期待している。
みんな1か月間ありがとう、
熱いぜ!

投稿者 admin : 17:48 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会2021.4月セミナー :2021年4月23日
 

210423-1.jpg
210423-2.jpg

本日、向研会4月セミナーに参加した。
本日のテーマは大前先生がかかげる日本の3大問題の2回目「教育問題」だった。
教育は国家の未来を決定する重要テーマ。
熱意あふれる講義だった。
テスラを創ったイーロンマスク。
テスラは衛星からのダイナミックダウンロードによって
日々不具合を調整するCPUだと見立てると、
全世界のEVメーカーは競合でなくなる。
イーロンマスクの未来構想力に投資家が可能性を感じ、
時価総額が他の自動車メーカーにない高値となっている。
この能力を「0から1を生み出す力」と定義された。
日本の教育問題はまさにここにある。
見えないものを見る力は、我々企業経営において重点課題であり、
日本教育戦力改革と同時に我々の企業内教育のあり方も問われている。
まずは企業トップである社長が構想力を磨くことだ、
と決意を新たにした。
熱いぜ!

投稿者 admin : 12:50 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「ニーズ軸とエリア軸で攻めろ!」 :2021年4月 2日
 

210402.jpg

※コーナーデザインが今月から変わりました。
僕の頭から火が出てます(笑)。

<今月のかもめのお悩み>
単身着任、コロナで友達ができません。 
独身で一人暮らしが長く、昨年7月から長崎に着任しました。
日々在宅でもできる趣味を模索していますが、どうにも寂しさが埋められません。
長崎は犬連れで散歩をしている方が多く、街を歩いていると私に近づいてきます。
コロナ禍でも気兼ねなく触れ合えるのは犬だけかと、いっそ犬を飼いたくなる自分がいます。
どうやったらプライベートを充実させられるでしょうか。


<回答>
コロナ問題は独身者の出会いにおいても大きな影響を与えているぜ。
逆に言えば全員がゲームチェンジで今はチャンスだぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
<キャッチ>
ニーズ軸とエリア軸で攻めろ!
<本文>
お前のように在宅の寂しさを多くの独身者が感じているぜ。
おそらくコロナ渦の影響で結婚を決断する人口が増加すると考えられるぜ。
その意味で交際そして結婚を考える独身者にとっては空前のチャンスが到来しているぜ。
犬を飼うのは後にして今は交際相手と出会うことに力を入れてほしいぜ。
ニーズ軸とエリア軸の二本立て戦略だぜ。
お互いに交際相手を求めているニーズ軸は
「ゼクシィ縁結び」に代表される婚活サイトへの登録だぜ。
俺の知人はゼクシー縁結びで結婚を決めたぜ。
そのブランド力は最強だぜ。
次にエリア軸は「長崎限定のコニュニティー」への参加だぜ。
ワイン・テニス・ツーリング・囲碁、お前が興味のあるコニュニティーがポイントだぜ。
コロナによって活動は自粛しているかもしれないが、
オンラインでの会員交流は継続しているはずだぜ。
それによってコロナ明けに素晴らしい仲間(交際ターゲット)が自然にできるぜ。
最後に独身の寂しさは「男はつらいよ」を観て解消することもお勧めするぜ。
寅さんが「俺はいつも一人だよ」とやさしく語っているように感じるぜ。
きっとお前の孤独感を癒してくれるぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 17:03 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

2021入社式 :2021年4月 1日
 

210401.jpg

本日5名の新入が入社した。2年ぶりにリアル入社式を実施できた。二年目社員から「私もこの垂れ幕をしたかった」との感想があり、昨年のオンライン入社式を思い出した。同時に、新人5名のうち2名はオンライン面接のみで双方が入社合意をした。本日初めてオフィスを見て、私と初めて対面したことに気づいた。オンライン面接世代入社の記念すべき日だと。僕は新人に対して次のようなメッセージを贈った。1年上の先輩が3月の新人振り返り研修で「1年間で大きく自分が成長し、会社に成果を残せた実感を持てたことに、学生時代の自分がゼロインに入社する決断をしたことを誉めたい」と語ってくれたことを紹介し、その実感を更に高いものにしてほしいことを伝えた。今年の新人は会社と自分が共に成長するMAXになることを期待したい、熱いぜ!

投稿者 admin : 16:39 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

決算報告2020年期 :2021年3月22日
 

210322.jpg

2020年決算報告の件。
全社員にはオンライン配信。
銀行各社様と帝国データバンク様には(例年同様)訪問で説明。
オンラインと対面のハイブリッド。
大切な事は結果の共有と、今期の目標を明確に示す事。
今期も全社一丸となり目標達成、
熱いぜ!

投稿者 admin : 14:30 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会2021年3月セミナー :2021年3月19日
 

031921-1.jpg
031921-2.jpg
031921-3.jpg


本日向研会3月セミナーに参加した。テーマは「少子化問題(日本の三大問題)」、講師は大前先生だった。ちなみに先生が考える三大問題は少子化・教育・地方。先生の問題意識が高いため大いに講義が盛り上がった。僕が一番重要だと感じたことは、少子化問題に対する対応策予算を、OECD加盟国でンチマークしたとき、
日本は対GDP比1.79%の予算投下で大きく欧米諸国を下回っていることだ。ちなみに第一位はフランス3.6%、ハンガリー3.47%、デンマーク3.4%と続く。少子化担当大臣を配置するなど力を入れていると表明しているが、結果的にこの重要問題に対して予算投下が少ない為、大きく対応が遅れているという実態が明らかだ。我々のよな民間企業は働き方の生産性向上を実現することで少子化による生産者人口低下に対応し、同時に政治が少子化問題に実予算を投下し対処する、このハイブリットで重要な社会問題解決を実現したい、熱いぜ!

投稿者 admin : 09:51 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「ゼベットハートだぜ!」 :2021年3月 1日
 

210301.jpg

<今月のかもめのお悩み>
恋人ができません、どうすればよいでしょうか。
自分で言うのもおこがましいですが、バブル期の言葉で例えるなら「3高」だと思っております。
自分自身、どんな人がタイプなのかわからなくなっており、誰でもいいのではないかと思いながらも、
やはり、好きになった人と付き合いたい、という葛藤に苛まれております。
出会いはあるのですが、恋人ができないです。
このまま一生恋人ができず、寂しい人生を送らなくてはならないのでしょうか。


<回答>
俺も結婚する前にお前と同様の気持ちになったぜ。でも簡単にその迷いを振り払う魔法の考え方があるぜ。お前に伝授するぜ、熱いぜ!
<キャッチ>
ゼベットハートだぜ!
<本文>
まず恋愛の定義について考えたいぜ。俺は独身時代にゼベット爺さんが自分を裏切ったピノキオを無条件に受け入れるピュアな心(ゼベットハート)で人を好きになりたいと思っていたぜ。きっとお前もそのような恋愛をゴールにしているぜ。ところが俺は年を重ねるうちに恋愛に対する考え方が進化したぜ。それは、ピノキオは未知の人なのか?既に出会った人なのか?という選択だったぜ。ある瞬間から俺は既にピノキオと出会っているという選択をしたぜ。それによって自分の周辺にいる女性との交流を大切にするようになり、自然な形で恋愛へと発展できたぜ。青春時代の一目ぼれのような激しさはなかったが、ゼベットハート力は変わらなかったぜ。いいか、お前は「3高」というアドバンテージを持っているぜ。きっと素晴らしい女性と出会ってきたぜ。今はときめきを感じない人でも交流する中からピノキオが生まれることを強くイメージしてほしいぜ!最後に、俺はバイオリズムセラピスト(溝口式)だぜ。ターゲットが絞り込まれた際にお前とターゲットとのバイオリズムを俺が診断してあげるぜ。恋愛感情から結婚へと発展するサポートを特別にお前にプレゼントするぜ。お前の恋愛そして結婚を俺は全面的に応援するぜ、熱いぜ!

投稿者 admin : 16:32 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

Champions Cap & Commemorative photo :2021年2月24日
 

210224.jpg

オービックシーガルズさんから
2021年ライスボール優勝記念の
チャンピオンキャプと
記念写真パネルを頂いた。
優勝写真パネルは僕のコレクションにしている。
7年ぶりにコレクションが増えたことが、
とても感慨深い。
コロナ渦の逆風をチャンスに変えた
オービックシーガルズに改めて敬意を表したい、
熱いぜ!


投稿者 admin : 13:43 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

「働くこと経営することそして生きること」入村道夫著 :2021年2月16日
 

210216.jpg

「働くこと経営することそして生きること」入村道夫著。本書を拝読しました。入村さんは僕がリクルートに入社した1984年に同じフロアの経理部のマネジャーでした。その後経理・財務部門担当取締役に就任され、まだ若かった当時の僕を可愛がって頂き、本社G8ビルの迎えの地下にある高級鉄板焼のランチを何度もご馳走して頂きました。その後は現コスモスイニシア常務を経て現大和ライフネクストの社長を勤められました。今はSNSを通じてお互いの近況を知り合う関係でしたので、この場(SNS)で感想をシェアさせて頂きます。本書は僕達が忘れがちな人としての温かさや生きる目的を再確認させて頂きました。入村さんの人柄と人生観がひしひしと伝わってくる本でした。「社内のビジネススピードを徹底的に速めよう」など経営視点で共感できることも多々ありましたが、何と言ってもこの言葉に本書のメッセージが凝縮されていると感じました。紹介します。「人生はしあわせ探し、夢探し、でも自分ひとりではしあわせも夢の実現はむずかしい。だが、誰か自分以外の人の助けがあればしあわせも夢も実現可能となる。だから、きっと人生はずっと人探しの旅。そして、出逢い探しの旅。」入村さん本書から沢山のパワーを頂きました。ありがとうございました、熱いぜ!

投稿者 admin : 16:46 | コメント (2) | トラックバック (0)
 

「起業の天才」東洋経済新報社 :2021年2月 1日
 


210201-1.jpg
210201-2.jpg

大西さんと僕は数年前にリクルートHD広報室の紹介で出会いました。本書の構想を伺い、大西さんの人間性に触れ、僕は積極的に取材協力したいと思いました。大西さんがインタビューしたリクルート関係者の数とそれら全体に投下したパワーを考えると、この上ない達成感を持たれていることを推察します。心からお祝い申し上げます。さて、本書を読み終えての感想です。
① アマゾン創業者のジェフ・ベソスと江副さんが上司と部下の関係であったという衝撃的な事実。
② 東京・NY・ロンドンにスーパーコンピューターを配置し、海底ケーブルで結び、24時間対応可能なデータ処理サービス(今のAWS)を僕が入社した1984年から構想していた事実。
当時全く理解できなかったことが、本書を読む事で点と点が繋がりました。そして僕が入社した1984年のリクルート社は世界にIT革命をおこしたシリコンバレーのような状態だったことを再確認し、とても誇らしく思えました。
最後に、本書の第二部1984。「地方・貧乏・野望」とSPIという箇所で僕が紹介されています。「東京・金持ち・エリート」に化学反応を起こすための重要な組織戦略として僕達、高卒・短大卒が採用されたと。本論としては多数の大卒に化学反応させたいという話ですが、逆の意味でも化学反応がありました。僕がリクルートという組織で人生最高の化学反応をさせて頂いたということです。やはり江副さんは起業の天才であり、天才経営者です。改めて今の僕を導いて頂いたリクルートという会社に感謝しました。大西さん、素晴らしい本でした。リクルートの関係者にはぜひ読んでいただきたいです。熱いぜ!

投稿者 admin : 14:21 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

 
Copyright (C) 2005-2021 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |