日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
RSS1.0
RSS2.0
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
愛と怒りの地平線「ゼベットハートだぜ!」 :2021年3月 1日
 

210301.jpg

<今月のかもめのお悩み>
恋人ができません、どうすればよいでしょうか。
自分で言うのもおこがましいですが、バブル期の言葉で例えるなら「3高」だと思っております。
自分自身、どんな人がタイプなのかわからなくなっており、誰でもいいのではないかと思いながらも、
やはり、好きになった人と付き合いたい、という葛藤に苛まれております。
出会いはあるのですが、恋人ができないです。
このまま一生恋人ができず、寂しい人生を送らなくてはならないのでしょうか。


<回答>
俺も結婚する前にお前と同様の気持ちになったぜ。でも簡単にその迷いを振り払う魔法の考え方があるぜ。お前に伝授するぜ、熱いぜ!
<キャッチ>
ゼベットハートだぜ!
<本文>
まず恋愛の定義について考えたいぜ。俺は独身時代にゼベット爺さんが自分を裏切ったピノキオを無条件に受け入れるピュアな心(ゼベットハート)で人を好きになりたいと思っていたぜ。きっとお前もそのような恋愛をゴールにしているぜ。ところが俺は年を重ねるうちに恋愛に対する考え方が進化したぜ。それは、ピノキオは未知の人なのか?既に出会った人なのか?という選択だったぜ。ある瞬間から俺は既にピノキオと出会っているという選択をしたぜ。それによって自分の周辺にいる女性との交流を大切にするようになり、自然な形で恋愛へと発展できたぜ。青春時代の一目ぼれのような激しさはなかったが、ゼベットハート力は変わらなかったぜ。いいか、お前は「3高」というアドバンテージを持っているぜ。きっと素晴らしい女性と出会ってきたぜ。今はときめきを感じない人でも交流する中からピノキオが生まれることを強くイメージしてほしいぜ!最後に、俺はバイオリズムセラピスト(溝口式)だぜ。ターゲットが絞り込まれた際にお前とターゲットとのバイオリズムを俺が診断してあげるぜ。恋愛感情から結婚へと発展するサポートを特別にお前にプレゼントするぜ。お前の恋愛そして結婚を俺は全面的に応援するぜ、熱いぜ!

投稿者 admin : 16:32 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

Champions Cap & Commemorative photo :2021年2月24日
 

210224.jpg

オービックシーガルズさんから
2021年ライスボール優勝記念の
チャンピオンキャプと
記念写真パネルを頂いた。
優勝写真パネルは僕のコレクションにしている。
7年ぶりにコレクションが増えたことが、
とても感慨深い。
コロナ渦の逆風をチャンスに変えた
オービックシーガルズに改めて敬意を表したい、
熱いぜ!


投稿者 admin : 13:43 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

「働くこと経営することそして生きること」入村道夫著 :2021年2月16日
 

210216.jpg

「働くこと経営することそして生きること」入村道夫著。本書を拝読しました。入村さんは僕がリクルートに入社した1984年に同じフロアの経理部のマネジャーでした。その後経理・財務部門担当取締役に就任され、まだ若かった当時の僕を可愛がって頂き、本社G8ビルの迎えの地下にある高級鉄板焼のランチを何度もご馳走して頂きました。その後は現コスモスイニシア常務を経て現大和ライフネクストの社長を勤められました。今はSNSを通じてお互いの近況を知り合う関係でしたので、この場(SNS)で感想をシェアさせて頂きます。本書は僕達が忘れがちな人としての温かさや生きる目的を再確認させて頂きました。入村さんの人柄と人生観がひしひしと伝わってくる本でした。「社内のビジネススピードを徹底的に速めよう」など経営視点で共感できることも多々ありましたが、何と言ってもこの言葉に本書のメッセージが凝縮されていると感じました。紹介します。「人生はしあわせ探し、夢探し、でも自分ひとりではしあわせも夢の実現はむずかしい。だが、誰か自分以外の人の助けがあればしあわせも夢も実現可能となる。だから、きっと人生はずっと人探しの旅。そして、出逢い探しの旅。」入村さん本書から沢山のパワーを頂きました。ありがとうございました、熱いぜ!

投稿者 admin : 16:46 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

「起業の天才」東洋経済新報社 :2021年2月 1日
 


210201-1.jpg
210201-2.jpg

大西さんと僕は数年前にリクルートHD広報室の紹介で出会いました。本書の構想を伺い、大西さんの人間性に触れ、僕は積極的に取材協力したいと思いました。大西さんがインタビューしたリクルート関係者の数とそれら全体に投下したパワーを考えると、この上ない達成感を持たれていることを推察します。心からお祝い申し上げます。さて、本書を読み終えての感想です。
① アマゾン創業者のジェフ・ベソスと江副さんが上司と部下の関係であったという衝撃的な事実。
② 東京・NY・ロンドンにスーパーコンピューターを配置し、海底ケーブルで結び、24時間対応可能なデータ処理サービス(今のAWS)を僕が入社した1984年から構想していた事実。
当時全く理解できなかったことが、本書を読む事で点と点が繋がりました。そして僕が入社した1984年のリクルート社は世界にIT革命をおこしたシリコンバレーのような状態だったことを再確認し、とても誇らしく思えました。
最後に、本書の第二部1984。「地方・貧乏・野望」とSPIという箇所で僕が紹介されています。「東京・金持ち・エリート」に化学反応を起こすための重要な組織戦略として僕達、高卒・短大卒が採用されたと。本論としては多数の大卒に化学反応させたいという話ですが、逆の意味でも化学反応がありました。僕がリクルートという組織で人生最高の化学反応をさせて頂いたということです。やはり江副さんは起業の天才であり、天才経営者です。改めて今の僕を導いて頂いたリクルートという会社に感謝しました。大西さん、素晴らしい本でした。リクルートの関係者にはぜひ読んでいただきたいです。熱いぜ!

投稿者 admin : 14:21 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会2021.1月セミナー :2021年1月22日
 

210122-1.jpg

本日2021年初の向研会に参加した。
早朝セミナーにも関わらず多くの経営者が参加していた。
テーマはコロナ渦で描く成長戦略。
講師は近年IPOを達成された二人の経営者、
(株)イノベーション富田社長と
(株)プレイド倉橋社長。
僕は2つのことに刺激をうけた。
第一に、やるべき事業と辞める事業を仕分け。
時代が大きく変化する中で本質的な顧客価値を熟考し、
辞めるべき事業から勇気ある撤退をすることによって
大きな成長を遂げられている。
じつは同様のケース事例を
昨年IPOしたAIを提供する会社の篠田社長も話していた。
顧客への提供価値を常に見直し、時代とのミスマッチを
勇気をもって解消していくことこそ、経営だと整理した。
第二に、EX(Employee Experience)を重視していること。
EXとは従業員が価値開発に集中できる環境へ投資すること。
DXを推進するのは、やはり「人」であり、その育成を重視すること。
コロナ渦だからこそ「人」の価値は更に重要だと僕は考えている。
とても共感できる講義だった。
今年も向研会で様々な刺激をうけ、僕が更に成長したい。
熱いぜ!

投稿者 admin : 12:05 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「愛情にアクセルだぜ!」 :2021年1月 8日
 

210108.jpg

<今月のかもめのお悩み>
娘を溺愛してしまいます 。
娘が可愛すぎて、つい甘やかし過ぎてしまいます。娘の言いなりで、
無条件になんでも買ってあげてしまい、おもちゃやお菓子が家中に溢れています。
そろそろ4歳になるので、シャキッと育てないといけないとは思うのですが、
愛が止まりません。一体どうしたらいいでしょうか?
<回答>
親のあふれる愛情をうけた子供は
他人にも愛情を注ぐことが出来るようになるぜ。
お前はじつに素晴らしい子育をしているぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
<キャッチ>
愛情にアクセルだぜ!
<本文>
俺は中学1年生の息子がいるぜ。
俺もお前に負けず劣らず息子に無限の愛情を注いて育ててきたぜ。
息子が赤ちゃんの時には息子が空腹やオムツ交換など
不快に思うことを先取りすることで泣かない赤ちゃんだったぜ。
息子はそのことについて当然記憶はないが、
VTRに残った当時の映像を見て、
自分がうけた愛情の深さを客観的に理解しているぜ。
そして息子は今、中学生になり物事の良し悪しを教える際、
無限の信頼をもって我々両親の話に耳を傾けてくれるぜ。
個人的に6歳までに親が注いだ愛情の絶対量が
子供と両親の信頼ベースを創ると振り返るぜ。
いいか、その意味でお前は全く正しいぜ。
そして今以上の愛情を注いであげてほしいぜ。
おもちゃやお菓子があふれている映像をしっかりレコードし、
いつの日かお前が注いだ愛情をお嬢さんが
客観的に振り返れるようにしてほしいぜ。
親バカだと言われても気にする必要はないぜ。
むしろ最大の誉め言葉だと信じてお前の愛情にアクセルを踏んでほしいぜ。
俺の気持ちが温まるとても素晴らしい相談だったぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 13:16 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

2021ご挨拶 :2021年1月 1日
 

20210101.jpg

「誤解される余地なく、簡潔で無意味なフレーズ、イエイはピンチを乗り越える掛け声になったぜ。大きなピンチをどう乗り越えるかその行動次第で人生は大きく変化するぜ。ピンチの時こそ自分の武器を生み出すチャンスだぜ!」「社会人のオキテ(実業之日社)」 大條充能著。
私自身の著書がコロナ渦での心構えを今の私に改めて語ってくれました。当社は今こそ新しい武器を生み出すチャンスだと考え2021年をスタート致します。イエイ!。2021年元旦大條充能

投稿者 admin : 00:06 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会2020総括セミナー :2020年12月19日
 

201219-1.jpg

一昨日、向研会「2020年経済総括セミナー」に参加した。
世界経済の振り返りと21年の日本企業の経営戦略視点を共有した。
僕が印象に残ったことは3点。
第一にコロナ渦が世界に与える影響分析において、米国の死者数は29.8万人(12/15現在)。
第二次世界大戦での米国死者数は42万人。
米国においてコロナ死者数は確実に第二次世界大戦超える見通しである。
世界経済中心の米国においてこの状況は世界経済に
更なる影響が出ることを覚悟しなければいけないということ。
第二に日本はコロナに関係なく富の創出メカニズムを抜本的に再構築しければならないこと。
キーワードは日本繁栄の単位を「国」から「メガリジョン」に変更すること。
イメージは中国の深圳、米国のシリコンバレー。
第三に我々企業経営者は飛び抜けた人材の育成しなければならないこと。
当社は来期5つのビジネス力を強化する。
従来のプロジェクトマネジメント力に加え、
ITエンジニアリング力やオンラインマーケティング力、
更に未来を視野にいれたビジネスデザイン力を強化する。
時代の変化を先取りし、
全社での「稼ぐ力」を強化するということだ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 11:33 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

55MyBirthday! :2020年12月18日
 

201218-2.JPG

本日55歳になりました。沢山のメッセージを頂きありがとうございます。
今年、私はコロナ渦で大切なことを学びました。
それは絆(マネジメント)です。
4月、息子は中学校に入学したのにスティホーム60日間(入学式もなく)、
私は95%の社員リモートワーク60日間を経験。
未来への不安と期待が交錯する中、私と息子は早朝ウォーキングをしました(10Km2時間)。
この2時間は父子の絆を深める重要なコニュニケーション時間となりました。
経営においては50%のリモートワーク出社がスタンダードになり、
社員との絆(コミュニケーション)を考えました。
今は毎週10分間の動画メッセージを全社に配信しています。
昨年以上に経営メッセージを届ける頻度を上げています。
コロナは神様から我々に与えられた試練だと思います。
私はこの機会をチャンスととらえ、
自分の絆(マネジメント)のあり方を再構築することの重要性を学びました。
写真は私の故郷である岩木山に向かったツーショットです。
岩木山が私の絆(マネジメント)を応援してくれているように感じました。
55歳も自分らしくピンチをチャンスに変えていきます、
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:14 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

2020全社MGR会議online :2020年12月 7日
 

201207-1.jpg
201207-2.jpg

本日、全社MGR会議をonlineで実施した。
約30名にMGRがほぼ全員Liveで参加した。
仕事の関係で参加できなかったMGRは収録映像を
キャッチアップしてもらう。
来年1月からの来期戦略・目標の考え方・人事評価方法・組織体制を
共有した。
昨年は対面でMGR会議を実施してが、今年は当たり前にonlineで実施。
コロナでインナーコミュニケーションの在り方が全く変わった。
10日はOnlineで全社員に来期戦略を共有する。
onlineによってビジネス効率は確実に向上している。
熱いぜ!


投稿者 admin : 17:53 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

 
Copyright (C) 2005-2021 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |