日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
RSS1.0
RSS2.0
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
愛と怒りの地平線「他人のWILLを応援し続けろ!」 :2022年9月 3日
 

220903.jpg

<今月のかもめのお悩み>
周囲のWILLが私のWILL、これってWILL?
勝手に心の師と仰ぐ大條さんに、まさかご相談できる日が来るとは、話が決まった時から毎日暑い、いや熱いぜ!(取り乱しました)。私は周囲のWILL、周りの人の叶えたいことや困っていることを共に前進する方が、自分のやりたいことよりも優先順位が高くなる性格です。仕事においては、その想いが力になることもありますが、自分のすべきことを後回しにしてしまう場面もあったな...と振り返ることも。これってWILLと言えるのでしょうか。大條さんマジックで見方や捉え方を変える、熱いお導きをお願いいたします!
<回答>
他人のWILLを自分のWILLに転換できる人はなかなか少ないぜ。そして他に出来る人が少ないことはお前にとって競争優位性となるぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
<リード>
他人のWILLを応援するは競争優位だぜ!
<本文>
俺は行動心理学のセラピストの有資格者だぜ。その観点において人間は様々な動機によって行動しているぜ。周囲を気にせず自分だけのために行動するタイプ、理想像をかかげそこにむけて行動するタイプ、飲食などの趣味のために行動するタイプなど様々だぜ。お前のように他人のWILLを優先し行動するタイプも一定数いるが、他と比較し稀なタイプであることは間違いないぜ。じつは俺もその稀なタイプの一人だぜ。だから俺は30年もお悩み相談をやり続けているぜ。俺は人それぞれ自分のタイプを客観的に理解し、自分の強さを活かすべきだと考えているぜ。お前はこれからも周囲のWILLを我が事とすることに自信を持ってほしいぜ。将来お前がサポートした多くの人達がお前に恩返しすることになるぜ。人は親切にされたことを絶対に忘れないものだぜ。俺は創業10年でリーマンブラザーズショックという世界不況に直面したぜ。同年設立した多くの会社は廃業したぜ。生存確率は10%。まさに世の中の情報どおりだったぜ。その時何故俺が生き残れたのか?を分析し、至った結論は他人のWILLをサポートしたことによって自分のピンチをサポートしてもらえたことだったぜ。お前はこれからも周囲をサポートしてあげてほしいぜ、熱いぜ!

投稿者 admin : 12:02 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

GPTW2022年認定企業 :2022年8月 5日
 

スクリーンショット 2022-08-05 162137.png

今週、GPTWジャパンさんから嬉しいお知らせを頂きました。
当社ゼロインは2年連続で「働きがいのある会社」の企業認定を頂きました。
当社のCB(コーポレートブランド)セクションが、
当社のインターナル施策を多角的に実施しました。
その施策の一つとして、私は毎週CEOメッセージを5分にまとめ、
メッセージを配信しました(今も継続中)。
映像はスマホで自撮りをし、テキストデータを作成し、
メンバーにとって役立つメッセージを意識して配信してきました。
そのような毎週の積み重ねがあって今年もこのように認定頂いたことは
素直に嬉しかったです。
働きがいを更に高めるために、これからも様々なインターナル施策を実施していきます。
熱いぜ!

投稿者 admin : 16:22 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「FFSをオープンに話せ!」 :2022年8月 2日
 

220802.jpg

<今月のかもめのお悩み>
メンバーに深掘り質問しがちです。
FFS理論のチェックによると「白黒をはっきりさせたがるタイプ」の私は、詳しく聞きたいだけなのについ深堀り質問してしまい、メンバーからすると、詰められてるように感じるようです。冗談をはさんで和やかな空気で会話したり、一つの質問で多くの回答をもらえるような工夫をしたりするのですが、何か良い方法があれば、アドバイスお願いします。
<回答>
お前はFFS理論における弁別性が高いタイプだぜ。会社組織を拡大・再現性を向上するには欠かせないタイプだぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
<リード>
FFS理論をオープンに話せ!
<本文>
俺は20年前FFS理論開発者小林博士に会ったことがあるぜ。FFSタイプにおける受容性と拡散性の2つの指標がMAXを記録し、小林博士から俺に面会オファーがきたぜ。博士曰く「見えない未来を突き進む典型的なベンチャー経営者で、データ出現率は1万人に一人。」と言われたぜ。FFS理論は俺にとっても思いで深い理論だぜ。さて、お前は弁別性という指標が高いタイプだと思われるぜ。弁別性とはデジタル度とも言い換えることが出来るため0か1を明確にするタイプで白か黒ともいえるぜ。つまりそれは会社に理論的な判断基準により、再現性の高い組織を創造できるタイプだということになるぜ。一方、コミュニケーションの際に詰められていると誤解されることがあることも用意に想像できるぜ。俺はFFS理論におけるタグボード型であることをオープンにし、マイナス面である多角的チェレンジで失敗することもあることを理解してもらっているぜ。お前もFFS理論をメンバーと共有し、決して個人を責める意図はないことを理解してもらうことをお勧めするぜ。最後に俺とお前はFFS理論のよき理解者コンビだぜ。小林博士も喜んで頂いていると思うぜ。機会があれば小林博士と3人で面会しようぜ、熱いぜ!

投稿者 admin : 10:43 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会22年7月セミナー :2022年7月15日
 

220715-1.jpg
220715-2.jpg

本日、向研会7月セミナーに参加した。テーマは「自社の強みを徹底的に尖らせる経営戦略」講師は大前先生だった。従来型の総合企業(パッケージ企業)とひとつ分野で尖った強みがある企業(スパイク企業)の比較分析がとても印象的だった。僕の結論はパッケージ企業はコスト勝負の競争にかつことができても、WTP(顧客が払いたい価値)を上げることができないと整理した。事業領域を再定義し自社の競争優位性はどこにあるのか?を掘り下げ、そこを集中的に強化すること。まさにコロナに直面した当社が行った事業再定義と合致した。これから当社のことをフロントトークでスパイク企業と表現したいと思った(笑)、熱いぜ!

投稿者 admin : 11:46 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「ユーザー体験にアクセスだぜ!」 :2022年7月 4日
 

220704.jpg

<今月のかもめのお悩み>
すべて自分で体験したいと思う気持ちをどうやって抑えたらいいでしょう?新卒で入社して11年。SUUMOの商品企画を担当したのをきっかけに、「いい企画をつくるためには、まずは自分で体験しよう」をモットーに住まいや暮らしを探究してきました。戸建やマンションの売買を経験し、果てにはビルを購入して「弦本ビル」と名付けるほどに。
11回の引っ越しをしたものの、最近は住まい領域を離れてHR領域に兼務がつきました。次は転職を体験したくならないか心配です。

<回答>
いろいろな人のお悩みをアドバイスしていたが、お前ほど悩みらしい悩みがないのは稀な存在だぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
<キャッチ>
ユーザー体験にアクセルだぜ!
<本文>
入社11年で11回の引っ越しをしたということは1年に1回引っ越しをしていることになるぜ。加えて自社ビルまで購入した行動力には脱帽だぜ!SUUMOユーザーを代表してお前にお礼を言いたいぜ。サービス提供者がユーザー体験を持つことが一番の信頼だと考えるからだぜ。ユーザー体験はもっとアクセルだぜ。俺はお前ほどではないが、20年間で自宅(戸建)の売買を二回、住宅ローンの借変えを3回経験したぜ。俺も一般的にはSUUMOユーザー体験はある方だと思うが、次はお前を見習って大條ビルの購入を検討するぜ。俺はお前から元気と勇気をもらったぜ。最後に、HR領域に異動し、転職体験をお前がするとHRのプラットフォームが最適化されないぜ(笑)!どうしても欲求をおさえられない時には、仕事をしたまま気になる企業を体験できるサービス「サンカク」で、他社を仮体験するなどに留めてほしいぜ。お前はRグループの宝だぜ。お前の上司はお前以上にお前の転職体験欲求を心配しているはずだぜ。よろしくだぜ、熱いぜ!

投稿者 admin : 17:51 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

Note連続投稿500日 :2022年6月22日
 

220622-1.jpg
220622-2.jpg

Noteで「ロジカル英会話レッスン」を投稿し、
本日で連続500日になりました。
同時に先週#英語で最もスキを集めたというお知らせを頂きました。
毎日コツコツやり続けた事に評価を頂けたことは素直に嬉しいです。
引き続き頑張ります、
熱いぜ!

投稿者 admin : 11:29 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会22,6月セミナー :2022年6月17日
 

220617-1.jpg
220617-2.jpg

本日、向研会6月セミナーに参加した。テーマは「シニアエコノミー」講師は大前先生だった。まずデータのおさらい。世界の高齢化(65歳以上)率ランキングにおいて日本は堂々の第1位、28.8%。バブル世代(53歳~64歳)を加えてシニア世代と定義すると、想定市場規模は1200兆円になる。ちなみに、サウジアラビアの石油埋蔵資産は約1800兆円とすると、日本はサウジアラビアに劣らないシニア埋蔵資産があることになる。シンプルに本日の講義はこの埋蔵資産を市場に掘り起こし、日本経済の成長戦略とする提言だった。そのための税制改革は大賛成。老後備え保険の経費化、家政婦看護師の経費化、資産運用益課税廃止など。岸田総理は貯金社会から投資社会への転換をロンドンシティーで宣言されたが、それを促進する税制改革はぜひ実現してほしい。円安・インフレなど暗い話題が最近だが、巨大シニアマーケットで日本は復活できると確信した、熱いぜ!

投稿者 admin : 09:59 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

木村次郎国土交通大臣政務官を励ます会2022 :2022年6月 8日
 

安倍元総理220607.jpg

昨日、私が東京後援会の会長を務めさせて頂いている
木村次郎国土交通大臣政務官を励ます会を実施させて頂いた。
当日は私が司会も務め、安倍元総理、細田衆議院議長、
世耕自民党参議院幹事長、高市自民党政調会長をはじめとする
多くの国会議員の方から祝辞を頂いた。
知床のKAZU1の事故対応で木村次郎政務官は連日のように現地で指揮をとっている。
インバウンドが復活し、観光業が活性化するためには
国土交通省の安全対策は日本にとっての重要課題であり、
再発防止にむけてしっかり法整備をすると宣言された。
木村次郎政務官の動向に注目頂きたい、
熱いぜ!

投稿者 admin : 09:58 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「顧客課題に目を向けろ!」 :2022年6月 2日
 

220602.jpg

<今月のかもめのお悩み>
人と話すのにびびってしまう。
人と話すのが苦手で、妙にびびってしまいます。特に自信がなくなると社内会議でも声が小さくなるので、よくメンバーに「声小さっ!」と突っ込まれます。営業3年目の今年こそ、堂々たる営業マンになりたいです。良きアドバイスをお願いします。

<回答>
俺は昭和・平成・令和と3つの時代の営業マンを見てきたぜ。営業成績と声の大小には相関関係がなかったぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
◎顧客価値に目を向けろ!
お前は「営業マンは堂々としているべき」と思い込んでいるぜ。しかしそれは全くの誤解だぜ。俺が出会った最高の営業マンは、どの時代においても声が大きくはなかったぜ。また営業態度においても決して堂々としてはなく、むしろ自信がない印象を与えていたぜ。そんな状況にも関わらず顧客に対する提案力は抜群で、顧客からも同僚からも尊敬を集めていたぜ。営業の本質は顧客が目的とする成果にどれだけコミットできるか?この1点に尽きるぜ。お前が他の誰よりも顧客価値を発揮した瞬間に全ては解決するぜ。営業態度ではなく顧客価値に目を向けてほしいぜ。また、俺のように声の大きい人間から言わせてもらうとお前のように「声小さっ!」と突っ込まれることは羨ましいぜ。明らかに俺にはないアドバンテージを持っているからだぜ。これからは突っ込まれたときに、気にするベクトルを変え、お前に対する最大限の応援歌だと思って感謝してほしいぜ。全てが幸せになるぜ。俺も「声でかっ!」という突っ込みには感謝をし、更に俺の個性を伸ばしていくぜ、熱いぜ!

投稿者 admin : 13:50 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会22,5月セミナー :2022年5月25日
 

スクリーンショット 2022-05-25 174946.png

先週、向研会5月セミナーに参加できなかったので、収録オンラインで受講した。今月の講師は学校法人角川ドワンゴ学園理事の川上量生さん。テーマは「21世紀のリーダーシップ~偏差値教育外で磨かれる変革者~」。全くの白地ブランドでスタートしたいという思いからアルファベット1文字で「N高」と命名した経緯。またイデオロギーにはこだわらないが、集団社会に適用できる個人を育成する機関でありたいという川上さんの信念(N高使命)がN高を日本の教育機関から注目されていることが良く理解できた。ドワンゴ設立当時のユニークなエピソードもとても勉強になった。会社経営においても教育運営においても軸はぶれずに繋がっていることにとてもインスパイヤーされた。熱いぜ!

投稿者 admin : 17:47 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

 
Copyright (C) 2005-2022 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |