日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
RSS1.0
RSS2.0
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
日本ヴァイオリン中澤創太社長 :2020年10月21日
 

201021.jpg

昨日、
河口湖音楽と森の美術館オーナーの平林さんが主催する
「ひらりん経営研究会」に参加した。
特別講師は株式会社日本ヴァイオリン中澤社長、
テーマは幻の名器21挺が日本に集結した奇跡の7日間。
総額210億円のストラディヴァルウスを
六本木ヒルズ森美術館に集めた奇跡のイベントを実現するまでの
感動ストーリーだった。
欧諸国にアポなしで行き、
ストレディヴァリウスのオーナーに出展をオファーし断られ、
大手広告代理店からもスポンサー集客を断られ、
森ビルからも会場契約を断られる。
全てが逆風の中で5年間かけて奇跡を起こしたストーリーは
感動的だった。
中澤社長は30代でまだ若い。
日本にこんなに素晴らしい若手経営者がいることに
僕は日本の未来を感じた。
諦めなければ失敗はないと言い切った彼にとても共感できた。
熱いぜ!

投稿者 admin : 12:01 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会2020.10月セミナー :2020年10月16日
 

201016-1.jpg

本日向研会セミナーに参加した。
テーマは「危機下の経営戦略:プランBを策定せよ」、
大前先生が講義された。
プランBとはコロナが3年間は終息しないという最悪の想定のなかで
事業計画を立てることだ。
世界のCEO調査において、L字型回復を予測しているケースが多い。
売上30%ダウンの状況下でも利益を出せるかが勝敗を分ける。
そのために固定費の見直しとコロナ渦でも支持される商品サービスづくりが必要となる。
当社はこの課題に3月から取り組んできた。
今日の講義で僕達が作った事業計画プランBは大前先生の講義と一致点が多く、
我々の事業ベクトルが間違っていないことを確認できた。
危機下の経営は戦略志向と情報収集力とDX力がkeyになる。
時代を見誤らないようにしっかり経営をしたい。
熱いぜ!

投稿者 admin : 13:10 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「あっさり一蹴されようぜ!」 :2020年10月 2日
 

201002.jpg

<今月のかもめのお悩み>
妻に全く頭が上がりません 。
家計は妻がすべて管理し、生活面での指摘はいつも正しく反論不可能、
考えることはことごとく先を読まれる始末です。
クレジットカードの明細も見られ、サプライズプレゼントも失敗します。
家庭でのあらゆる主導権は制圧され、私の発言力は下降トレンドを辿り続けています。
以前観葉植物を買いに行った時、「これが欲しい!」と珍しく提案してみたのですが、
あっさりと一蹴。
アドバイスをくれる店員さんもなぜか完全に妻の味方で、
結果として違うタイプの植物を購入することになりました。
私はこの夫婦間のパワーバランスについて今後どう向き合っていくべきなのでしょうか?
一家の主としてある程度の発言力は保っておきたいと思うのですが。

<回答>
お前の家庭マネジメントはとても素晴らしいぜ。
奥さんがコントロールタワーだと自覚し積極的に行動しているからだぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
<キャッチ>
あっさり一蹴されようぜ!
<本文>
お前は奥さんが家計を管理することで仕事に専念できるぜ。
一般的にはそれが理想的な夫婦関係だぜ。
ちなみに俺は選ぶ(自分の)洋服は家内に全てあっさり一蹴されてきたぜ(笑)!
しかし全く俺はそのことを気にしないぜ。
なぜなら家内が選んだ洋服は評判がよく、イメージアップになっているからだぜ。
一蹴して頂いたことに感謝しているぜ。
お前も奥さんに感謝してほしいぜ。そして考え方を変えてほしいぜ。
一家の主としての価値は、奥さんが言いたいことを表現し、
イキイキ家計を管理している状況を創造することにあると。
お前はそれを実現できているぜ。何の問題もないぜ。
奥さんが家庭に対して高いモチベーションで関わっていることは社会的価値だぜ。
そのような状況を創りたくても創れない家庭も多いということだぜ。
俺たちは幸いにも妻に一蹴されるぜ。
そして一蹴されることに価値があると俺は確信しているぜ。
俺たちは似た者同士だぜ。
これからも情報交換しようぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 11:05 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

2021卒内定式 :2020年10月 1日
 

201001-1.jpg

本日、2021卒内定者5名の内定式を実施した。
参加できる約50名の社員並びに、
内定者がオンラインで集った。
僕は自席から内定証を授与した。
振り返ると今年4月の入社式もオンラインだったので、
この方法に違和感はなかった。
僕はコロナ渦の中で我々が計画しているビジネスモデルチェンジを共有した。
大きな潮目の変化の年に内定した5名は、
その変化の象徴的な存在になってほしい。
みんな、来年4月に元気に入社することが楽しみだ。
熱いぜ!

投稿者 admin : 17:10 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会2020.9月セミナー :2020年9月18日
 

200918.jpg
200918-2.jpg

本日7時30分から向研会に参加した。
「変わりゆく中国の見方2020。大蛇中国の染色体を分析する」
というテーマで大前先生が講義された。
ポイントは3つ。
第一は、コロナ渦を早期に抑え対前年四半期比のGDP成長率が主要国で唯一プラス成長していることだ。
ちなみにアメリカ▲9.2%、日本▲10.0%、EU▲14.2%。
第二は、コロナ渦からの経済復興策として「情報インフラ」「統合インフラ」「イノベーションインフラ」
に約57兆円を決定していること。ITリーダー国としてのポジション取り。
第三は、世界標準規格作りにおいて「中国標準2035」を策定し、
その国際設定機関への提案件数シェアは25%になっていること。
これらの事実を総合判断すると、
2030年までに中国はGDPで米国を抜き世界第一になることと、
覇権国となって世界をリードするという戦略が現実的になっていることが分かる。
唯一この計画に不確定があるとすれば、
香港に代表されるような独裁政治体制への国民の反乱だとの見方もある。
僕は世界情勢が大きく動こうとしていることを理解した。
菅総理大臣の外交は安倍政権を引き継ぐといっている。
米国との関係強化をしながら、中国との経済活動も強化することが安倍外交の基本路線だった。
その動向を我々がしっかり見る必要があることを痛感した。
日本経済と自社のコロナ対策に追われる日々だったが、
世界的視野で考えることによっていつもとは違った緊張感を得ることが出来た、
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:21 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

伊藤達也ランチセミナー200903 :2020年9月 3日
 

200903-1.jpg
200903-2.jpg

本日、元金融大臣の伊藤達也衆議院議員が主催する
ランチセミナーに参加した。
立教大学ビジネススクール田中道昭教授が
1時間の講義をされた。
最後に田中教授から投げかけられた問題がとても心に刺さった。
「日本人としての長所は?」
田中教授がイスラエルの現役外交官と議論し、
彼らが考える日本人の長所は
「Pursuit for perfection(こだわり)」だと。
田中教授から
「皆さん経営者として何をこだわってますか?」
我々一人一人のこだわりが
世界に対する競争力になると整理した。
熱いぜ!

投稿者 admin : 15:33 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「ヤクルトファン店主の店だぜ」 :2020年9月 2日
 

200902.jpg

<今月のかもめのお悩み>
好きすぎて見られない!
プロ野球のヤクルトが大好きで、6月に開幕したプロ野球に胸が高鳴ってます。
でも好きすぎるが故に、負けると相当落ち込むので、
本当は見たい試合をあえて見ずに距離を置いてます。
好きだけど距離を置く・・・でも見たい・・・のジレンマです。
どうやったら気持ちよく観戦できるのでしょうか?

<回答>
俺の息子(中1)は大のヤクルトファンだぜ。
山田哲人のユニフォームを着て神宮球場に応援に行くぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
<キャッチ>
ヤクルトファン店主の店だぜ!
<本文>
青森出身の俺は唯一TV放映されていた巨人戦を見て育ったので巨人ファンになったぜ。
一方で俺の息子は西麻布生まれでご近所は
ヤクトルファン一色の中で育ったのでヤクトルファンになったぜ。
俺は息子に影響され近年はヤクルトファンだぜ。
つまり、俺とお前は一緒だぜ(笑)!
さて、本題だぜ。西麻布の居酒屋はヤクルトファン店主の店が多いぜ。
俺は神宮球場で応援しヤクルトが負けた日はそこで反省会をするぜ。
悔しい気持ちを店主と共有でき、
かつ明日こそ勝利というポジティブな気持ちへの入れ替えができるぜ。
お前も店主がヤクルトファの店を開拓することをお勧めするぜ。
これは完全に余談だが、「つば九郎」を知ってるか?
彼はヤクルトの応援団長だぜ。ヤクルトファンのみならず、つば九郎ファンも沢山いるぜ。
俺はつば九郎と何度も一緒に飲んでいるぜ。
ヤクルトに対する情熱や愛情に感銘させられるぜ。
つば九郎は年間を通じて一人がその役を務めているぜ。
まさに超人だぜ。ヤクルトの負けゲームの時は、つば九郎を思い出してほしいぜ。
負けても元気に応援しているぜ。
お前は元気になるぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 17:07 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会2020.8月セミナー :2020年8月21日
 

200821.jpg

本日8月度向研会に参加した。今月のテーマは「With/Afterコロナ時代の生産性向上策」。
講師は弁護士ドットコム内田社長とAIInside渡久地社長だった。
弁護士ドットコム社はクラウドサイン、
AIInside社はDX Suiteによってポストコロナ時代の日本の生産性向上を目指している。
興味深かったのは、生産者人口が減少の中、人の作業時間は増加している、というデータ。
人の実働時間をDX化することで解消しなければ労働者は過重労働になるというマクロデータだ。
当社は総務部の生産性向上を目指している。
総務は労働集約業務がとても多い職場だ。
我々がDXを進めることでその課題解決をサポートしなければと強く決意した。
今日は朝7時から気温が高かった。
ポストコロナにむけた自身の課題を再確認できたため、
僕自身更に熱くなった。
日本の総務部生産性向上、
熱いぜ!

投稿者 admin : 14:30 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

変化すること :2020年8月 6日
 

200806.jpg

僕は毎朝ジョギング中に様々なことを考える。
今日は「変化」について考えた。
僕の友人は白金でダイニングバーを経営しているが、
緊急事態宣言中スーパーや外食チェーンのデリバリーのアルバイトをしていた。
彼は「店をオープンできないが、自分の時間はあるので」と、さらりと言った。
僕はその姿勢にとても共感できた。
僕もコロナ渦で大型イベントの仕事を失った。
それは当然経営に影響を及ぼした。
しかし、当社はコロナ渦でも求められるサービスと事業があった。
僕はそれらにシフトチェンジした。
コロナ渦の影響は大きいが、コロナ渦だからこそできることをする。
それが「変化」だと思う。
「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である(ダーウィン)」。
早朝の表参道はダーウィンが僕に「変化」を語り掛けるような、
透き通ったフォローの風がだった。
蝉の鳴き声と表参道の緑が僕に勇気をくれた、
熱いぜ!

投稿者 admin : 12:37 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会2020.7月セミナー :2020年7月17日
 

200717-1.jpg
200717-2.jpg

本日、向研会7月セミナーに参加した。
テーマは「オンライン化する世界。全てのビジネスがオンライン化する時代の経営戦略とは」。
講師は大前先生だった。経営者として覚悟を決めてなければいけない。
それは「ブルータル・フィルター」と言われる情け容赦ない残忍な淘汰が始まっている
という認識をもったからだ。
アフターコロナに関しても最悪のケース(3年程度完全に終息しない)
を覚悟する必要がある。
そのような未来認識を持つと、オンライン化の意味がとても重く感じる。
ケーススタディとしてこの変化に対応した事業モデルが評価されている会社が紹介された。
米ウィルマートはBuyOnlinePick-upInstore(ボスピ)という、
オンラインで商品の注文・決済をして、店舗に引き取りに行くという施策に投資を進めて業績を改善している。
当社も我々の事業領域の中でできるオンライン化(事業変革)をしっかり進めていきたい。
僕は幾つかの道を描くことができた。
ブルータル・フィルターをチャンスに、
熱いぜ!

投稿者 admin : 14:57 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

 
Copyright (C) 2005-2020 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |