日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
RSS1.0
RSS2.0
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
向研会2110セミナー :2021年10月22日
 

211022-1.jpg
211022-2.jpg

本日、向研会10月セミナーに参加した。テーマは「Fin Techの新潮流」、講師は大前先生。世界のFinTech状況を確認すると、日本がかなり遅れていることに驚かされる。国政において経済成長戦略が叫ばれる中、何故日本をFinTechビジネスが進まないのか?規制改革の重要性を肌で感じる。僕が印象に残ったポイントを紹介したい。一つ目は米ロビンフット社。アプリ上で小口投資者(若者中心)を集客し、1株未満の少額から投資ができ、かつユーザー手数料無料で株取引を実現するという全く新しいモデルだった。こんなサービスが日本にあったら僕もやってみたいと素直に思えた。二つ目はオープンAPIだ。日本においては金融機関に努力義務に留まっているが、世界においてこの動きは加速化していること。オープンAPIが実現すればUXが向上することは間違いない。何故日本は30年間成長出来なかったのか?何故日本の個人貯蓄は消費に回らなのか?この答えは規制緩和によるUX向上が世界より遅れていることに他ならない。本日も様々な発見を頂いた、熱いぜ!

投稿者 admin : 13:29 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「挨拶でアメリカンドリームを掴め!」 :2021年10月 6日
 

211006.jpg

<今月のかもめのお悩み>
馴染みのない人との挨拶って・・・。
まずはご相談の機会をいただきまして、ありがとうございます!
僕はサウスに出社をしているのですが、
ほぼ毎日警備員さんに「おはようございます」「お疲れ様です」
と挨拶をしています。5月入社ということもありますが、
出社のタイミングですれ違った人にも、なるべく挨拶をしていたのですが、
入社して2か月にして、顔見知りが増えてきました。
ただ、顔見知りなだけでCA業務を行う自分にとって、
人とのやり取りの機会が少ないので、会話は全然したことがない...!
すれ違った時に「お疲れ様です」とか、出社、帰社のタイミングですれ違った場合は
「おはようございます」など挨拶をするようにしていました。
でも案外、その挨拶が返されることが少なくて... 
「あれ?自分がおかしいのか?」という気持ちになり、
少し挨拶の頻度が薄れてきています。
馴染みがないのだから、あんまり無理にそういった形にしない方がいいんでしょうか。
このまま自分も挨拶しないようになっていくのかもしれない...と不安に思っています 笑

<回答>
お前は挨拶を大切にするナイスガイだぜ。
人間誰でも挨拶をされていやな気持になることはないぜ。
お前はおかしくないぜ。アドバイスするぜ、
熱いぜ!
<キャッチ>
挨拶でアメリカンドリームを掴め!
<本文>
まず初めに挨拶することはどういうことなのか?を説明するぜ。
俺は挨拶することは自分の人間性を積極的にPRすることだと考えているぜ。
自分は機会があればいろいろな人と気持ちよく話したいと考えている人間です、
というPRだぜ。
逆に言えばいろいろな人と積極的に話したくない人は挨拶をしないのは当然だぜ。
挨拶を返さない人のことも認めてあげようぜ。
しかしどんな人も挨拶されることに大きな嫌悪感はないものだぜ。
お前はこれからも挨拶をしてほしいぜ。
お互いに挨拶することを望むフレンドリーな人がお前に呼応してくるはずだぜ。
海外でも地域によってコミュニケーションの手法が違うぜ!
俺はカルフォルニアに行ったとき、
誰もがフレンドリーに挨拶する文化にカルチャーショックを受けたぜ。
だが、そうした日々のフレンドリーな挨拶がきっかけで絶好のチャンスが訪れ、
新規事業に成功したというアメリカンドリームをつかんだ人もいたぜ。
だからお前もカリフォルニア的フレンドリーさを忘れず、
陽気に挨拶して欲しいぜ。
熱いぜ!

投稿者 admin : 13:45 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会202109セミナー :2021年9月18日
 

210918-1.jpg
210918-2.jpg

昨日、9月向研会に参加した。テーマは「モビリティー革命」大前先生に講義頂いた。
日本が世界に誇ってきた自動車業界は
CASE(コネクテッド・オートマチック・シェアリング・エレクトリック)
によって大きな変革のステージに立たされている。
この10年間で自動車製造・整備関連サービス・利用サービスのビジネス構造が大きく変化する。
それに伴う雇用チェンジも加速化するだろう。
大切なことは、
この大きな社会変化をただ見守るのか?
変化を予測して新しいニーズをキャッチするのか?
僕は後者でありたいと強く思った。
変化の先には必ず新しい需要が生まれる。今
こそ我々経営者には「ゼロから1」を生みだす力が問われている。
そのことを強く感じた講義だった。
熱いぜ!

投稿者 admin : 12:38 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線30周年&かもめ50周年、記念ラジオ! :2021年9月 2日
 

210902-1.jpg
210902-2.jpg
210902-3.jpg

21年8月でリクルート社内報「かもめ」は50周年、
僕の「愛と怒りの地平線」は30周年になりました!
91年リクルート事件で元気がなくなったリクルート社内を元気にしたいと考え、
このコーナーを当時の編集長に提案し30年、
かもめに留まらず、リクルートが発行する「ダ・ヴィンチ」「就職ジャーナル」
をはじめとする情報誌各誌に僕のコーナーが設置され、
「熱いぜ!メッセージ」は多くのリクルート読者にも広がりました。
全盛期は月間10誌にコーナー連載をしたこともありました。
そして今もこのコーナーがリクルート社員の皆さんから支持を頂き、
連載させて頂いていることに心から感謝致します。
このことを記念し「愛と怒りの地平線ラジオ」をかもめ編集部に企画頂きました。
9月1日~30日VIMEOでラジオ配信中です。
<ラジオコンテンツ>
1, 僕がリクルート社員時代のお騒がせ談やこのコーナーの始まりの秘密エピソードが紐解かれました。
2, 出木場CEOからのお悩みをラジオで回答しました。
興味のある方は、かもめ本誌にあるURLとパスワードをゲットしてください。
かもめ編集部の皆様、そして読者の皆様に改めて30年間このコーナーを支えて頂いたことを心からお礼申し上げます。
そしてもれからもよろしくお願いします、
熱いぜ!

投稿者 admin : 11:43 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「個をあるがままに生かす、だぜ!」 :2021年8月 3日
 

210803.jpg


<今月のかもめのお悩み>
周囲と自分を比較してしまいます。
昨年末に入社し、とにかく成長したい!頑張りたい!
と意気込んでいたものの、周りの素晴らしい方と比較して、
自分の無力さを痛感しています。
できるようになったことよりも、
できないことに目が向いてしまうのですが、
どうしたら割り切って突き進むことができるでしょうか。
<回答>
お前は若いぜ。若いからこそ他者比較し自分が無力だと誤解するぜ。
いいか、それは誤解だぜ。お前はお前だと自信を持ってほしいぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
<キャッチ>「個をあるがままに」by大沢武志だぜ!
<本文>
できない自分に目が行ってしまうのは他者から
認められたいという欲求が強くあるからだぜ。
俺も同じだったぜ。入社間もない頃、俺はお前同様に自己成長をあせり、
他人と自分を比較し、上司の自分への評価にも不満を感じたことがあったぜ。
そんな時にリクルート心理学経営を江副さんと一緒に創造された
大沢さん(当時専務取締役)から次のようなアドバイスを頂いたぜ。
「大條君も、君を評価している課長も、
僕(大沢さん)からすると部下で大きく違いはない。
誰がどのように評価しているかなど(そんな小さなことは)
気にせずもっと大きく自己成長を考えなさい」と。
この言葉は当時の僕に次のことを気づかせてくれたぜ。
短期的な他者比較視点は大きな意味をもたない。
むしろ長期的な自己実現にむかって前進しろということ。
それ以降自分と他人の評価は気にならなくなったぜ。
割り切って自分のビジョンに向かうことにフォーカスできるようになったぜ。
30年をこえてこの言葉は俺の宝物になっているぜ。
いいか、お前にもプレゼントするぜ。
「お前をあるがままに生かせ、お前のビジョンを実現しろ!」
これが俺からのアドバイスだぜ。
いつの日かこの言葉が強いパワーとなるはずだぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 15:00 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会2107セミナー :2021年7月16日
 

210716-1.jpg
210716-2.jpg
210716-3.jpg

本日、向研会7月セミナーに参加した。
「脱炭素社会におけるエネルギー新潮流」というテーマで
大前研一先生が講義された。
世界主要各国が動き出した、
2050年カーボンニュートラル目標にむけた動向と
関連技術とイノベーション状況を包括的に勉強させて頂いた。
僕が注目したポイントを2つ共有したい。
第一に、日本はCO2排出量は過去から現在まで
優等生であるということ。
中国と米国が圧倒的に排出量が多い。
日本政府はしっかり日本の状況を主張してほしい。
第二に、優等生だったゆえに更なる削減目標の達成は難しい。
しかし、日本の技術でLEDなどの省エネ商品開発し、
我々企業経営者がその商品を導入し、積極的に協力することで
CO2排出量は更に削減できる。
政府と民間経営者がそれぞれの役割をしっかり遂行することが
重要だと感じた、
熱いぜ!

投稿者 admin : 16:46 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

伊藤達也政経セミナー2021 :2021年7月 6日
 

210706-1.jpg
210706-2.jpg
210706-3.jpg

本日、元金融担当大臣伊藤達也先生の政策セミナーに参加した。
「脱炭素社会と産業化の一考察」というテーマで、
佐々木経世先生(イーソリューションズ代表)が講演された。
伊藤先生と佐々木先生は、
伊藤先生が30年前にサクラメント市議会政策秘書時代に出会い
今もなお交流されている。
僕が一番重視したことは、
EV車に搭載するリチウムイオン電池の製造シェア争いにおいて
日本は絶対に中国のCATL社に負けてはいけないという点だった。
佐々木先生は事業と政策を同時に効率よく進めていないことで
産業化が機会を逃していると指摘された。
技術は日本偉業にある。
今こそ、しっかりとした政治のリーダーシップで
産業のイノベーションを起こしたいと痛感した。
最後に、佐々木先生はアインシュタイン博士の言葉でしめた。
悪い行いをする者が世界を滅ぼすのではない。
それを見ていながら、何もにない者たちが滅ぼすのだ。
深い言葉だった、熱いぜ!


投稿者 admin : 14:00 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「ゴール設定とプロセス設計だぜ!」 :2021年7月 1日
 

210701.jpg

<今月のかもめのお悩み>
自分ブランディングするには?
アパレルやスニーカーブランドを立ち上げるなど、
自分の好きな世界でワクワクする副業を始めたいと思っています。
今は個の時代、成功するにはYouTubeなどを使った
自分のブランディングが大事だと考えています。
ただ正直、芸能人などのコンテンツに打ち勝つアイディアも浮かばず、
何から初めていいのか悩んでいます。
僕は自分のブランディグにために、
何から始めたらよいのでしょう。

<回答>
お前のYouTubeを拝見したぜ。
芸能人がしのぎを削る激戦場に参戦したお前の勇気に拍手するぜ。
チャレンジは人生最良の薬だぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
<キャッチ>
ゴール設定とプロセス設計だぜ!
<本文>
お前が芸能人のようにYouTubeを副業としたいケースと
スニーカーブランドを副業にしたいケースでプロセス設計は変わってくるぜ。
まずはお前が達成したい副業ゴールを明確にすることをお勧めするぜ。
様々な副業にチャレンジすることも重要だが、
ゴールを一つに絞ってそれにむけお前の資源を集中した方が
成功確率は高いと考えるからだぜ。
一つのゴールを達成した時に次のゴールを設定し、
結果として様々な副業成果を収められるというイメージだぜ。
次にプロセス設計についてだが、
お前のロールモデルを定めその人のやり方を徹底的にベンチマークしてほしいぜ。
先行した成功者には成功理由が必ずあるぜ。
その成功モデルをお前が使わせて頂くことで
ゴールへの道のりをショートカット出来るぜ。
じつは俺も今年2月からnoteをはじめたぜ。
「ロジカル英会話レッスン」だぜ。毎朝6時に更新しているぜ。
俺のゴールは「Daijo Positive Tweets in English」 を日めくりカレンダーにすることだぜ。
それにむけてnoteでフォロワーを何万人も集めている大学生をベンチマークしているぜ。
要するに俺もお前と同様に今もなおチャレンジをしているということだぜ。
俺とお前は似ているぜ。そして俺たちは成功するぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 16:29 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会2021.6月セミナー :2021年6月11日
 

210611-1.jpg
210611-3.jpg

本日向研会に出席した。
テーマは大前先生が提唱する日本の三大問題の三回目、
「国民国家問題(新・地域国家論)」だった。
先生の講義をうけて僕は次のような国家ビジョンを持った。
第一は東京周辺ベイエリアをメガリジョン化すること。
米国のシリコンバレーベイエリアと
中国の大湾区(深圳・香港・マカオ~広州)のように、
IT・金融・高度サービス中心の世界から優秀な人材が集まってくるような
スーパーリジョン化。
第二は地方都市のマイクロリジョン化(イタリアモデル)。
イタリアの地方都市が中央政府に頼らず、
世界と直接ビジネスをしているように、
日本の地方都市が直接世界各国とビジネスすること。
キーポイントは英語力を我々国民が持たなければならないこと。
また、このビジョンを実現するために政治もガバナンスを変えなければならないことも
大きな課題となるが、我々ができる一歩を踏み出すことの重要性を再確認した。
僕は日々努力している英会話力を更に高めたいと決意を新たにした、
熱いぜ!


投稿者 admin : 11:13 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「失敗を恐れない企業文化継承者だぜ!」 :2021年6月 1日
 

210601.jpg

<今月のかもめのお悩み>
宴会の企画や仕切りが好きでたまりません。
歓送迎会、忘年会はもちろん、盛り上げの機会を200%の力を出してやっています。
本社から社長、役員が来られるときは、「青葉城恋歌」にのせて仙台の街紹介ムービーを作り、
新幹線乗車中のタイミングに送るなど、相手が喜ぶであろうコンテンツをメンバーと仕掛けます。
宴会が難しい今は、リアルではできない盛り上げ芸として、動画を組み込んだコンテンツを考え、
人を巻き込み、編集でうまく仕立て上げるのにはまっています。
今後、さらに宴会のプロデュース力を磨いていくにはどうしたらよいでしょうか。
飽きられない、常に新鮮なコンテンツ提供者、仕切れる人になる方法を教えてください!

<回答>
青森出身の俺は東北を代表するさとう宗幸さんと吉幾三先輩は神様だぜ。
宗さんの青葉城恋歌を使うお前のセンスは最高だぜ!
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
<キャッチ>
失敗を恐れない企業文化継承者だぜ!
<本文>
お前は職場を盛り上げたいと思っているぜ。
職場にお前のようなムードメーカーがいることは企業文化において重要だぜ。
俺はその姿勢にとても共感するぜ。
じつは30年前、91年5月にこの「愛と怒りの地平線」はスタートしたぜ。
俺はリクルート事件に沈んだ職場を元気にしたいという思いで「かもめ」編集長に直訴し、
このコーナーを開設したぜ。
ちなみに、編集長は当時この企画はすぐに終了するだろうと考えたが、
失敗を恐れない企業文化枠として承認したようだぜ(笑)。
結果的に30年の長寿企画となったぜ!
それゆえにお前の一連のアクションは俺にも勇気を与えてくれる素晴らしい相談だったぜ。
お前は誰にも負けない盛り上げ力を備えているぜ。
俺から言えるアドバイスは、
失敗を恐れない企業文化継承者として自分らしさを持ち続けろ!
ということだぜ。
最後にお願いがあるぜ。
俺のコーナーの30周年記念企画を一緒に考えて盛り上げてほしいぜ。
お前ならみんなを元気にしてくれると確信しているぜ。
心強いぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 14:08 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

 
Copyright (C) 2005-2021 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |