日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
RSS1.0
RSS2.0
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
愛と怒りの地平線「俺たちはゼベットファミリーだぜ!」 :2023年5月 8日
 

230508.jpg

<今月のかもめのお悩み>
プライベートがポンコツ過ぎます。
子どもの学校行事を忘れる、習い事の月謝の振込先を間違える、しかも金額を0ひとつ多く支払う、服を表裏反対に着る、社員証を電車の改札にかざし続ける、違う家のドアに鍵を刺していることに気付かず業者を呼んでしまう、気付くと鞄を持っていない...。とにかくプライベートがダメダメです。夫の誕生日にも当日気付きました。家族にも呆れられています。どうしたらこのポンコツぶりを治せるでしょう。

<回答>
お前は俺に負けず劣らず他人に誇れる大失敗をしているぜ。何故誇れるのか?それは大きな失敗は人に勇気を与えるからだぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
<キャッチ>
俺たちはゼベットファミリーだぜ!
<本文>
俺は結婚して初めてむかえた家内の誕生日を忘れたぜ。普通に家に帰るとリビングに俺の知らない家内の友人が沢山集まって誕生日を祝っていたぜ。家内は俺に誕生日を忘れると大変になることをその行為によって伝えたかったようだぜ。それ以来忘れていないぜ。またiPhoneを1年間に4回も紛失したことがあるぜ。Qに1回のペースだぜ。その紛失コスト負担は俺を直撃し再発を防止できたぜ。また極めつけは、家族3人で行ったソウル及びパリ旅行でパスポートをそれぞれで紛失したぜ。ちなみに現地での再発行の手続きはとてもストレスフルだったぜ。俺は俺以外に海外でパスポートを2か国で紛失した人を聞いたことがないぜ(笑)!俺もお前に負けず劣らずポンコツプライベートを過ごしてきたし、これからも変わらないぜ。しかし、完璧な人生を過ごすより、遠回りでロスやミスの連続人生の方が他人から共感され、愛されるぜ。人はみんな「しくじり先生」が大好きだということだぜ。俺たちのような天然素材のポンコツこそ価値が高いぜ。ただし、重要なポイントはおさえてほしいぜ。ご迷惑を日々おかけする家族には最大限の愛情を降り注いでほしいぜ。それはあたかも完全ではないけど、ピノキオにまっすぐな愛を注いだゼベット爺さんのようなゼベットハートだぜ!それがあれば家族は俺たちを認めてくれるぜ、ゼベットファミリーだぜ、熱いぜ!

投稿者 admin : 12:02 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

初任給・現金支給授与式 :2023年4月29日
 

230428-1.jpg
230428-2.jpg
230428-3.jpg

本日、新入社員9名に対する初任給授与式を行った。当社は2001年の新卒採用以来初任給を現金で支給している。そして22年間継続している。今年の授与式に先立った一昨日、TBCのNスタで22年採用の現金授与式を写真で取り上げて頂いた。このユニーク施策はゼロインのオリジナルではない。私が入社したリクルート社が当時実施していた施策。働くことの重さを初任給の現金の重さで感じてもらいたいという思いがこめられている。私がとても印象に残ったことで、ゼロインでも実施を決めた。もはやリクルート社においてこの施策は継続されていない。おそらく、唯一存在する会社がゼロインではないかと感じる。これからも初任給現金支給式はやり続けたい、熱いぜ!

投稿者 admin : 16:52 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

20年目の新卒社員 :2023年4月11日
 

230411.jpg

今朝、ある社員が社長室にいる僕に挨拶してくれました。この4月からゼロイン社員として20年目をむかえました!と。ゼロインは今年25周年、ついついそこに僕の気持ちがフォーカスしがちでしたが、社員にとっては自分のゼロイン勤続年数はとても意味があることです。新卒入社で20年勤続は会社にとっても誇らしいことです。僕は更にゼロイン勤続年数記録を伸ばしてほしいとライトに応えました。こみあげる熱い感動を秘めながら。本当は絶叫したいくらいに嬉しかったです、熱いぜ!

投稿者 admin : 10:15 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

卒業! :2023年4月 6日
 

卒業式.jpg

息子がLAのプライベートハイスクールに合格しました。8月から留学します。じつは1月に行われた面接で合格できず保留となり、本日の面接までの間TOEFLスクールに毎日通い、英語づけの生活をしてきました。中学の友人の多くがそのまま同じ高校に進学する中、退路を断って留学を目指し勝ち取った合格でした。本当に高いハードルを自らの力で乗り越えてくれたと、息子を誇らしく思います。奇遇にもこの間に行われていたWBCの栗山監督の談話が私のモチベーションとなりました。監督はいかに選手が活躍できる環境を創って試合に送り出せるかに尽きるという言葉です。親は子供に環境を提供し彼を信じて見守るしかない、という覚悟でした。本日の合格通知が全てを癒してくれました。15歳にして自らの意志でUSに旅立つ息子の一番の応援団長でありたいと決意を新たにしました、熱いぜ!

投稿者 admin : 11:55 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

2023年ゼロイン入社式! :2023年4月 3日
 

23年入社式_集合写真_大條さん.jpg

23年4月3日、9名の新卒社員が入社しました。例年にも増して新卒採用市場の競争が激しかったため、感慨深い入社式でした。私は先輩社員に当社を選んでくれた9名が成長実感をもてるような仕事を提供しサポートしてほしいことを要望しました。また新入社員には1年先輩の社員が先週30日(木)に行われた新人卒業式のプレゼンで自分の言葉で成果を堂々と語っていたことを伝え、1年間の仕事を楽しんでほしいと要望しました。全ての働くを元気にすることを目的にしている我々が自ら働くを元気にしてほしいということです、熱いぜ!

投稿者 admin : 17:27 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「お嬢さんの意志決定に投資だぜ!」 :2023年4月 3日
 

230403.jpg

<今月のかもめのお悩み>
娘をタレント事務所に入れるか迷ってます。生まれて5ヶ月になる娘がいるのですが、気軽な気持ちで赤ちゃんタレントのオーディションを受けたところ、するりと合格してしまいました。高額な入会金やレッスン等もあり入会するつもりはなかったのですが、実際に合格してみると娘がおむつモデルになる事を夢見てしまいます。周りに同じ境遇の保護者もいないため、ぜひアドバイスください!
<回答>
お嬢さんにあふれる愛情を注いでいる投稿をみてとても嬉しいぜ。子育ては親が注いだ愛情のボリウムに比例して子供が自己肯定感を持つぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
<キャッチ>
お嬢さんの意志決定に投資だぜ!
<本文>
芸能人がそのキッカケを問われたときに、家族が(自分が知らないうちに)オーディションにエントリーしたからだ、と回答する人が多いぜ。お前のような両親が多いことを意味しているぜ。一方で芸能界は嫌だ、自分は自分の道を自分で選択したいという若者も多数いるぜ。俺は息子が将来グローバルな人間になってほしいと願って、小学校のころからUSAのサマーキャンプに参加させたぜ。息子はその機会を通じて将来留学したいというビジョンを持ち、俺は彼の意志を尊重する形で留学を応援しているぜ。ポイントは子供が自分自身のビジョンを自ら考える!という点だぜ。お前に話を戻すと、お嬢さんが将来芸能人になりたいというビジョンを持てるようにその素晴らしさにふれる機会に投資するという考え方もあるということだぜ。高額な入会金やレッスンの投資は、お嬢さんが自ら芸能人になりたいと相談したときに、応援してあげても遅くはないし、効果的でもあるぜ。お嬢さんはまだ5ヵ月だぜ。彼女の可能性は無限大に広がるぜ。今はあらゆることに興味関心を持ち、その中から自分の意思で生きる道を取捨選択できるような性格になる、そのために機会を創造してあげるということだぜ。藤井聡太プロはお祖父さんから将棋のルールを習ったのが5歳だったぜ。藤田菜七子さんが騎手を志したのが12歳だったぜ。お前のお嬢さんは囲碁の世界一を目指したいとかもしれないぜ。お前の愛情があればお嬢さんはどんな選択をしてもその道を歩んでいける人間になるぜ、熱いぜ!

投稿者 admin : 16:30 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会2023.03セミナー :2023年3月22日
 

スクリーンショット 2023-03-20 171137.png
スクリーンショット 2023-03-20 171245.png

先週17日(金)リアルの向研会に参加できなかったため、本日オンラインアーカイブでセミナーを受講した。テーマは「AIの最新潮流2023―ChatGPTの衝撃―」、講師は大前研一先生でした。1時間半にわたって最新のAI潮流を分かりやすく解説頂いた。シンギュラリティ(AIが人工知能を抜く)は10年早まっていることを理解した。AIを活用してビジネスの効率化を模索するNote社やP社などの企業がいる一方、慎重な企業も多い。当社はP社が導入しているように全社員が秘書のようにOpenAIの技術を活用するようにしたい。偶然にも当社はGoogleからMicrosoftに法人契約を変更することを計画している。Microsoftが提携するOpenAIの技術利用にはタイミングが丁度よい。シンギュラリティに対する具体的なアクションプランを描くことが出来た、熱いぜ!

投稿者 admin : 16:07 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「朝日に向かって歩こうぜ!」 :2023年3月 2日
 

230302.jpg

<今月のかもめのお悩み>
自己肯定感をアップしたい。
一定の周期で自分に自信がなくなり、ひどく落ち込むことがあります。周りに優秀な人が多く、良い刺激が多い環境で働けていることが嬉しい反面、ふとした瞬間に「きちんと貢献できているだろうか」「今やっている事に意味はあるんだろうか」と考えてしまいます。売上に直結しない業務を行っているため、間接的な指標を適宜設定してはいるものの、はっきり自分自身で信じきる事ができません。元々好奇心旺盛で、浅く広く、新しいことやコミュニティに飛び込むフットワークの軽さが自分の良さなのですが、現在の業務では専門性や技術力不足を感じることが多く、様々な関連図書を読んで試したり、人に相談したりはしています。どうしたらこの定期的なモヤモヤを解消できるのでしょうか。大篠さんの考え方をぜひお伺いしたいです。
<回答>
お前に限らず人は誰もが自信をなくし、そしてその壁を乗り越えていくものだぜ。またその周期が定期的にくるのはバイオリズム的に当然のことだぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
<キャッチ>
朝日にむかって歩こうぜ!
<本文>
世の中でポジティブに生きている人の多くは落ち込まない人ではなく、落ち込む自分をポジティブに変えるセルフマネジメントができる人だと考えてほしいぜ。じつは俺もお前のように落ち込むことが多々あるぜ。まず、俺のセフルマネジメントを紹介するぜ。俺は毎朝2時間ウォーキングをしているぜ。落ち込んだ翌朝のウォーキングは意図的に朝日に向かって歩いているぜ。朝日が俺の視界の全てを逆行に変えた時、俺の存在がとても小さいことを感じるぜ。同時に自分が抱える悩みも存在感を失い、太陽のように大きな人間になろうと新たな決意ができるぜ。ぜひお前も何か自分の存在が小さいと感じることができるスペシャルな場面を探してほしいぜ。お前も朝日でそれを感じるかもしれないのでお勧めするぜ。お前がお前ならではのそれを見つけた時、お前はいつでも悩みをリセットし新たな決意で前に進めるという自己肯定感を持つことが出来るぜ!最後に、俺はバイオリズムセラピストだぜ。人間はバイオリズムが強い時と弱い時が一定周期でやってくるぜ。俺は自分のバイオリズム波を理解しセルフコントロールしているぜ。必要であれば特別にお前にバイオリズムデータをプレゼントするぜ。自己肯定感をゲットのサポートツールとなるぜ。バイオリズムデータ取得には幾つかの個情報が必要だぜ。かもめ編集室にコンタクトしてほしいぜ、熱いぜ!

投稿者 admin : 17:30 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会23.01セミナー :2023年1月23日
 

230123-1.JPG
230123-2.JPG
230123-3.JPG

先週、1月度の向研会セミナーに参加できなかったため、本日オンラインでセミナーを受講した。講師はDRONE FUND共同創業者の大前創希先生、テーマは「ドローンビジネスのインパクト」。講義をうけての感想はドラえもんで見たような世界をドローンが実現してくれるという未来だった。子供を見守るドローン、犬を散歩させるドローン、日傘や宅配をするドローン。夢の世界が現実になろうとしていることを痛感した。ビジネス的には、地上500m以上は飛行機やヘリコプターが飛び人類は有効活用できているが、地上300m以下の区域は人類が有効活用できていない区域であり、この課題解決をすることがドローンマーケットの将来可能性だという全体マーケット感を持つことが出来た。ウクライナでドローンが戦争に活用され戦争のイメージが強いが、DRONE FUNDが理念とする人間社会の課題解決する夢の世界をイメージするととても明るい未来をイメージできた。そのための法改正や先行企業事例など、ドローンについて包括的に勉強できた、熱いぜ!

投稿者 admin : 16:46 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「長期リフォーム計画で愛着心を倍増だぜ!」 :2023年1月 4日
 

230104.jpg

<今月のかもめのお悩み>
理想の家がわからない。
スーモカウンターで、日々カスタマーの叶えたい暮らしを言語化できるよう頑張っていますが、自分自身の満足する家になかなか出会えません。実家を出て賃貸マンションに引っ越した時も、分譲マンションを購入し住み替えた時も、以前より快適になったなと感じる一方、「前の家の方が良かったな」とか、「もっとここがこうだったら...」と思うことが多々あります。分譲マンションを探すカスタマーに、「100点満点の家はないよ! 住みながら100点に近づけるんだよ!」とお伝えしているものの、かくいう私も現実的なマーケットを知りつつ、どこかに「もっと素敵な住まいがあるのでは?」と思ってしまい、なかなか自分の住む家に満足しきれません。どうしたら自分の家にもっと納得感や満足感を得られるのでしょうか?
<回答>
俺は早朝番組「建もの探訪」の大ファンだぜ。登場する家を見ては「もっとこうしたい」を毎週感じているぜ。お前の気持ちをかなり理解出来るぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
<キャッチ>
長期リフォーム計画で愛着心を倍増だぜ!
<本文>
俺は2005年に自宅(戸建)を購入し、17年も住み続けているぜ。しかし俺の自宅への愛着心は一向に衰えることを知らないぜ。それは何故か?振り返ると8年サイクルで大きなリフォームを実施したからだぜ。一度目は床をフローリングから白の大理石にし、二度目はリビングとキッチンの仕切りを失くしオープンキッチンにしたぜ。8年ごとに実施したそれは同じ家に住んでいるとは思えない程、生活に新しい風を吹かせてくれたぜ。俺はお前にも一定周期でリフォームをすることをお勧めするぜ。ただし、リフォームには予算が必要だぜ。マンションの共有箇所で実施する長期修繕計画のように、お前のリフォーム予算を予め積み立てて計画的にそれを実施することで実行難易度を軽減できるぜ。俺がそうだったようにお前も家をリフォームすることで愛着心は確実に向上できるぜ。最後に、いったい自分は何をリフォームしたいのか?という潜在意識を確認するには「建もの探訪」を毎週見ることをお勧めするぜ。渡辺篤史さんが家に入った時に発する「ため息のような驚き」が俺の潜在的欲求に火をつけてくれるぜ。いつの日か俺とお前は渡辺篤史さんを家に招待できる日を信じて家に愛着を持ち続けようぜ、熱いぜ!

投稿者 admin : 17:30 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

 
Copyright (C) 2005-2023 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |