日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 2021年5月 | メイン
向研会2021.6月セミナー 2021年6月11日
 

210611-1.jpg
210611-3.jpg

本日向研会に出席した。
テーマは大前先生が提唱する日本の三大問題の三回目、
「国民国家問題(新・地域国家論)」だった。
先生の講義をうけて僕は次のような国家ビジョンを持った。
第一は東京周辺ベイエリアをメガリジョン化すること。
米国のシリコンバレーベイエリアと
中国の大湾区(深圳・香港・マカオ~広州)のように、
IT・金融・高度サービス中心の世界から優秀な人材が集まってくるような
スーパーリジョン化。
第二は地方都市のマイクロリジョン化(イタリアモデル)。
イタリアの地方都市が中央政府に頼らず、
世界と直接ビジネスをしているように、
日本の地方都市が直接世界各国とビジネスすること。
キーポイントは英語力を我々国民が持たなければならないこと。
また、このビジョンを実現するために政治もガバナンスを変えなければならないことも
大きな課題となるが、我々ができる一歩を踏み出すことの重要性を再確認した。
僕は日々努力している英会話力を更に高めたいと決意を新たにした、
熱いぜ!


投稿者 admin : 11:13 | コメント (0) | トラックバック
 

愛と怒りの地平線「失敗を恐れない企業文化継承者だぜ!」 2021年6月 1日
 

210601.jpg

<今月のかもめのお悩み>
宴会の企画や仕切りが好きでたまりません。
歓送迎会、忘年会はもちろん、盛り上げの機会を200%の力を出してやっています。
本社から社長、役員が来られるときは、「青葉城恋歌」にのせて仙台の街紹介ムービーを作り、
新幹線乗車中のタイミングに送るなど、相手が喜ぶであろうコンテンツをメンバーと仕掛けます。
宴会が難しい今は、リアルではできない盛り上げ芸として、動画を組み込んだコンテンツを考え、
人を巻き込み、編集でうまく仕立て上げるのにはまっています。
今後、さらに宴会のプロデュース力を磨いていくにはどうしたらよいでしょうか。
飽きられない、常に新鮮なコンテンツ提供者、仕切れる人になる方法を教えてください!

<回答>
青森出身の俺は東北を代表するさとう宗幸さんと吉幾三先輩は神様だぜ。
宗さんの青葉城恋歌を使うお前のセンスは最高だぜ!
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
<キャッチ>
失敗を恐れない企業文化継承者だぜ!
<本文>
お前は職場を盛り上げたいと思っているぜ。
職場にお前のようなムードメーカーがいることは企業文化において重要だぜ。
俺はその姿勢にとても共感するぜ。
じつは30年前、91年5月にこの「愛と怒りの地平線」はスタートしたぜ。
俺はリクルート事件に沈んだ職場を元気にしたいという思いで「かもめ」編集長に直訴し、
このコーナーを開設したぜ。
ちなみに、編集長は当時この企画はすぐに終了するだろうと考えたが、
失敗を恐れない企業文化枠として承認したようだぜ(笑)。
結果的に30年の長寿企画となったぜ!
それゆえにお前の一連のアクションは俺にも勇気を与えてくれる素晴らしい相談だったぜ。
お前は誰にも負けない盛り上げ力を備えているぜ。
俺から言えるアドバイスは、
失敗を恐れない企業文化継承者として自分らしさを持ち続けろ!
ということだぜ。
最後にお願いがあるぜ。
俺のコーナーの30周年記念企画を一緒に考えて盛り上げてほしいぜ。
お前ならみんなを元気にしてくれると確信しているぜ。
心強いぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 14:08 | コメント (0) | トラックバック
 

 
Copyright (C) 2005-2021 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |