日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 2022年7月 | メイン
GPTW2022年認定企業 2022年8月 5日
 

スクリーンショット 2022-08-05 162137.png

今週、GPTWジャパンさんから嬉しいお知らせを頂きました。
当社ゼロインは2年連続で「働きがいのある会社」の企業認定を頂きました。
当社のCB(コーポレートブランド)セクションが、
当社のインターナル施策を多角的に実施しました。
その施策の一つとして、私は毎週CEOメッセージを5分にまとめ、
メッセージを配信しました(今も継続中)。
映像はスマホで自撮りをし、テキストデータを作成し、
メンバーにとって役立つメッセージを意識して配信してきました。
そのような毎週の積み重ねがあって今年もこのように認定頂いたことは
素直に嬉しかったです。
働きがいを更に高めるために、これからも様々なインターナル施策を実施していきます。
熱いぜ!

投稿者 admin : 16:22 | コメント (0) | トラックバック
 

愛と怒りの地平線「FFSをオープンに話せ!」 2022年8月 2日
 

220802.jpg

<今月のかもめのお悩み>
メンバーに深掘り質問しがちです。
FFS理論のチェックによると「白黒をはっきりさせたがるタイプ」の私は、詳しく聞きたいだけなのについ深堀り質問してしまい、メンバーからすると、詰められてるように感じるようです。冗談をはさんで和やかな空気で会話したり、一つの質問で多くの回答をもらえるような工夫をしたりするのですが、何か良い方法があれば、アドバイスお願いします。
<回答>
お前はFFS理論における弁別性が高いタイプだぜ。会社組織を拡大・再現性を向上するには欠かせないタイプだぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
<リード>
FFS理論をオープンに話せ!
<本文>
俺は20年前FFS理論開発者小林博士に会ったことがあるぜ。FFSタイプにおける受容性と拡散性の2つの指標がMAXを記録し、小林博士から俺に面会オファーがきたぜ。博士曰く「見えない未来を突き進む典型的なベンチャー経営者で、データ出現率は1万人に一人。」と言われたぜ。FFS理論は俺にとっても思いで深い理論だぜ。さて、お前は弁別性という指標が高いタイプだと思われるぜ。弁別性とはデジタル度とも言い換えることが出来るため0か1を明確にするタイプで白か黒ともいえるぜ。つまりそれは会社に理論的な判断基準により、再現性の高い組織を創造できるタイプだということになるぜ。一方、コミュニケーションの際に詰められていると誤解されることがあることも用意に想像できるぜ。俺はFFS理論におけるタグボード型であることをオープンにし、マイナス面である多角的チェレンジで失敗することもあることを理解してもらっているぜ。お前もFFS理論をメンバーと共有し、決して個人を責める意図はないことを理解してもらうことをお勧めするぜ。最後に俺とお前はFFS理論のよき理解者コンビだぜ。小林博士も喜んで頂いていると思うぜ。機会があれば小林博士と3人で面会しようぜ、熱いぜ!

投稿者 admin : 10:43 | コメント (0) | トラックバック
 

 
Copyright (C) 2005-2022 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |