日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2011年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 教会ミサ「第一朗読」 | メイン | 「脱原発」河合弘之・大下英治著 »
愛と怒りの地平線「お前らしさで突き抜けろ!」 2011年7月 5日
 

110705.jpg

<質問>
パッション男と呼ばれています。
「人の3倍汗をかき、人の3倍熱い男」
の僕は、周りのメンバーから"パッション男"
なる称号を頂いています。
最近リクルートで働く方は非常に
"スマートでクール"な方が多い気がします。
リクルートの面接の時も
「お前みたいなやつがリクルートには昔沢山いた」。
入社してからも「俺が入社した時はお前みたいな熱いやつが多かった」
「お前はリクルートっぽいなー」などと聞きます。
入社前から持っていた"リクルートらしさ"が
少しずつ変化しているような気がして寂しく思うと同時に、
熱過ぎてたまに浮いてしまいます(笑)
スタンスを変えるべきか、
このまま行くべきか。
どうしたら宜しいでしょうか?

<回答>
人の3倍行動するパッション男、
すばらしいぜ。
しかし周囲の反応を気にしているようでは
まだまだ甘いぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎お前らしさで突き抜けろ!
総務に配属された俺の新人時代に先輩から
ラインの部長に根回ししろと言われ、
内線で大きな声で
「これは根回しの電話です!」と話して、
フロア中で大爆笑されたことがあったぜ。
ストレートに行動した俺は
根回しも直球勝負だったぜ。
俺は昔から周囲の反応を気にしたことがないぜ。
俺の定義するリクルートらしさは、
100人いれば100人の自分らしさが
肯定されることだと考えるからだぜ。
大きな声を出せない人はそれなりに、
大きい声で挨拶したい人は
最高の笑顔と声ですればいいぜ。
それぞれが自分が信じる信念で
行動を決定することが何よりも重要だぜ!
お前は汗をかき、失敗し、
それでもアクションする、
俺はお前の生き方に強い共感を覚えるぜ。
いいか、自分が信じる行動で突き抜けてほしいぜ。
そして周囲の人がお前と違ってもそれが
相手の個性だと理解してほしいぜ。
個性と個性を尊重し、
ぶつかりあって、
カオスしている。
これこそリクルートらしさだぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 2011年7月 5日 09:32

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/1632

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005-2020 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |