日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2007年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 賢者は足を鍛えるぜ! | メイン | 枕詞をつけろ! »
評価と時差について! 2007年7月 9日
 

DSC01651.JPG

7月人事で何名かの昇格者が出ました。

「何故、あの人が昇格し、自分はまだなのか?」

という疑問や不満をもっている人もいると聞きました。
僕もリクルートに入社し、成長意欲がギラギラしていた20代前半は
同様の不満をもったことがあります。
人事評価(客観的評価に対する受け止め方をアドバイスしたいと思います。
(ここでの評価は職能制度における能力評価をさしてます。
業績評価ではありません。)

「評価と時差」
についてです。

僕は18歳で(高卒)でリクルートに入社しました。
僕は入社して2年もすると
要領も得てバリバリ仕事ができるようになりました。
そんなころ、
入社した大卒の新人と高卒の僕は
明らかに仕事できる僕が大卒新人よりも
職級が下でした。
その当時ある意味過度な正義感に燃えていた僕は
様々な機会を利用して
その矛盾を経営に建設的に改善してほしいとアクションしました。

RINGという本来新規事業を提案する活動に
「高卒社員の評価向上について」
というテーマで制度改善を訴えたこともありました。

ところが、そんな僕に対して高卒で専務取締役だった
奥住さんという方に次のようなアドバイスをされた。

「キミの気持ちは理解できるが、
何が問題なのか?
評価には時差があるものだ。
今の絶対評価だけが全てではない。
先は長いから今の評価に一喜一憂するのではなく、
しっかり自己成長を考え、
もっと大きな人間になってほしい」
とアドバイスされ、目からウロコが落ちました。

結果、そのアドバイスどおりになりました。
僕が入社5年目(同年の大卒が入社したころ)を
過ぎた頃から僕の仕事は加速度的に評価されるようになり
僕がマネジャーになった時には
僕よりも多くの年上の人をメンバーに持つことになりました。

評価には時差があります。
時差に左右されることなく、
将来の自己実現を見据えた
しっかりとした自己成長プランを
実行してください。
客観的人事評価は時差こそあれ、
そのようなしっかり仕事をしている人には
必ず昇格や昇進などのよい結果がもたらされます。

僕はもっと自分を評価してほしい、
という不満は大いにもってほしいと思います。
ただし、不満を単に会社に対する不満として
投げ出すのではなく、
それを自己成長のバネにしてほしいと思います。

<自己成長3要素>
1、オリジナリティーあふれるプロセスで
2、クオリティーが高い成果を出し、
3、誰よりも声の大きいアウトプット


その3工程こそ、
まさに自己成長のプロセスそのものあります。
地に足をつけたしっかりした成長プランを
設計してください。

熱いぜ!!

人気blogランキングに登録だぜ!熱いぜ!

投稿者 admin : 2007年7月 9日 11:43

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/424

 

コメント  
 

大條さん

りえさんとお腹のお子さんも元気でお過ごしのことでしょう。
今日のブログには「山田君、座布団3枚持ってきて!」でした。
暑いぜ!東京は。。。

Junji

投稿者 久保田純次 : 2007年7月 7日 20:41
 
 

久保田さん。お元気ですか?東京はまだ梅雨明けまだですが、とても暑いです。コメントありがとうございます。シドニーは涼しい季節でゴルフに最適ですね。大條

投稿者 daijo : 2007年7月 9日 10:34
 

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005-2020 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |