日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2007年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « シリーズ香港パワー③「伸びゆく香港島」 | メイン | シリーズ香港パワー④「中国人のマグロブーム」 »
Rティーチャー3 2007年1月11日
 

DSC00569.JPG

DSC00570.JPG

Rティーチャーの2007年春号が出版されたぜ!
俺の「熱いぜ」コーナーは07年も熱く語るぜ。
本文を紹介するぜ、熱いぜ!!

↓本文原稿

先生も俺同様、日々様々な相談を受けているぜ。
相談にどのように対応していくのか?
はまさに先生として腕の見せ所だぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!

●自己実現を持たせろ!

俺は月間6本の人生相談レギュラー原稿をもっているぜ。
相談内容はまさに多様化しており、
恋愛問題から就職問題や家庭問題に至るまで多種多様だぜ。
そんな状況において俺が何を気をつけて解答しているか?
についてアドバイスするぜ。
俺は相談者に意思を持ってもらうこと、を何よりも重視した回答をしているぜ!
大学生から自分はどんな職種が向いているか分からないし、
行きたい会社がない、という相談を受けるぜ。

そんな時俺はお前はどんな人間になりたいのか?
という自己実現をしっかりもてとアドバイスするぜ。
就職や進学はあくまでもそれを達成するための手段に過ぎす、
大切なことは自己実現目標をもつこと、自分自身がどんな人間になりたいのか?
という意思をもつことが重要だ、とアドバイスしているぜ!

俺は「自分を信頼してくれる人の輪を宇宙規模に広げたい」
という自己実現をもっているぜ。
仮に1億人に信頼されると俺は日本の総理大臣になれるポテンシャルがあることになるぜ。
もし50億人に信頼されると国連総長になれるポテンシャルがあるぜ。
あくまでも自己実現は信頼されることであり、
総理大臣や国連総長というのは手段にすぎないが、
手段として何かをしようと考えたときに成功確立が高まるということだぜ。
だから俺は可能な限り原稿依頼や講演依頼を断らないようにしているぜ。
もし地球上の50億人からの信頼を獲得うれば、
俺は宇宙人にも信頼されるために活動をしていきたいと考えているぜ!

話を戻すと、先生が生徒から相談されるときに、
方法論や手段をアドバイスすることも大切だが、
何より「あなたは将来どんな人間になりたいの?」
という自己実現をイメージさせるコミニュケーションが重要だということだぜ!
人から尊敬され信頼され社会に貢献できる素晴らしい人間になりたい!
と生徒が心から思ってくれることが、真の教育であり、
それがしっかり伝えられれば生徒は自発的に勉強し、規則も守り、
模範的行動をしていくと考えるぜ。
多様化した相談において適確な手段をアドバイスしがちだが、
こんな時代だからこそ、
ストロングな問いかけをしていって自己実現ということについて考えることを実施してほしいぜ!
相談にくる生徒は目の前のことで悩みがちだと思うが、
目先をもっと遠くに置き換えて回答すると生徒は納得するはずだぜ。
教育現場に対するマスコミからの風当たりが強くなっているが、
俺は先生たちの応援団だぜ。
マスコミに踊らされずに自分の信念をもって
今まで同様しっかりとした教育をしていってほしぜ、熱いぜ!!


人気blogランキングに登録だぜ!熱いぜ!

投稿者 admin : 2007年1月11日 10:02

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/268

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005-2020 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |