日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2008年5月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « ニーズを先取れ! | メイン | みりょく通信、5月14日号! »
ダヴィンチ6月号「カインドオリンピック」だぜ! 2008年5月24日
 

DSC03633.JPG

DSC03634.JPG

人気blogランキングに登録だぜ!熱いぜ!


<今月のお悩み>

私はなぜかよく人に道を聞かれます。
日本ではもちろん、
明らかに地元の人間とは思われないであろう外国でも。
謎です。どうしたら聞かれなくなるのでしょうか。
またこの特性を何か別のことに生かせないでしょうか。
(東京都在住の29歳・ハイジ)


<リード>
最高のテンションで勝負しようぜ。
人生重要な局面ほど自分のテンションを
最高潮にもっていくバイオリズムコントロールが必要だぜ。
そのためには日々自分のバイオリズムを意識して、
その波を自らが把握することだぜ、
熱いぜ!!

<回答>
俺は東京で外国人から道を聞かれることが多いぜ。
俺は日本人の親切さをアピールする最高のチャンスととらえ、
道を説明しているぜ。
お前は海外でも道を尋ねられるのは
俺以上にチャンスな奴だぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!

1、カインドオリンピックだぜ!
お前が道を尋ねられるのは、
道に詳しそうだからではなく、
親切そうであるからだということをしっかり自覚してほしいぜ。
不親切な人間が多いこの時代に海外においても
親切に思われるお前はカインドオリンピック日本代表であり、
日本が世界に自信をもって送り出せる人材だということだぜ。
いずれにせよ、道を尋ねられることは悪いことではなく、
むしろ誇るべきことだと考えてほしいぜ。
聞かれなくなることを望むよりも、
更に困った人が気軽に相談してくれるほど声がかかるようになることを
推進してほしいと思うべきだぜ。
カインドオリンピックのゴールドメダリストを目指してほしいぜ。
このミッションは誰でもできることではなく、
お前のように理屈でない安心感オーラを
発揮できる人でなければ遂行はできないぜ。
生まれながらにもっとお前のその価値をこれから惜しむことなく
社会貢献のためにどんどん力を発揮してほしいぜ、
熱いぜ!
2、寅さんでいけ!
今までのお前のパターンは生まれながらにもった
安心感オーラによって困った人が寄ってくる展開だったぜ。
しかし、ゴールドメダリスト級のカインドマンは
困った人をみると助けてあげるべく自分から声をかける人だぜ。
「おせっかいなサービスマン」になれ、ということだぜ。
お前が目指すべき代表的な存在は
「男はつらいよ」
の寅さんだぜ!
寅さんは旅先で困ったマドンナを発見すると自分のことはさておき、
彼女のために一生懸命サービスするぜ。
あったかく、親切で、日本人として忘れてはいけない価値を発揮しているぜ。
お前も寅さんのように困った人に声をかけて、
ちょっと手助けをしてあげてほしいぜ。
安心感オーラのない人が親切をしても逆に警戒されたりするが、
お前は絶対に感謝されるに違いないぜ。
本当にお前に限らず日本全体がいや世界全体が
寅さんのようなおせっかいなサービス精神にあふれていたら
どんなにいい社会か、と考えてしまうほどだぜ。
いいか、まずは俺とお前からスタートし、
その輪を徐々に広げていこうぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 2008年5月24日 17:24

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/691

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005-2020 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |