日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2008年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 川原信宏さんだぜ! | メイン | JOBカフェ大阪、大盛況! »
This Is キャンセルで行こうぜ! 2008年4月12日
 

DSC03153.JPG

DSC03154.JPG

人気blogランキングに登録だぜ!熱いぜ!

<今月のお悩み>

洋服屋さんの敷居を低くしたいです。
大学進学のため東京に出てきたのですが、こちらの洋服屋さんって
入るのにとても勇気がいります。そのあと店員さんとのトークに
付き合ったり試着したりと考えると……。
かわいい服は好きなので克服したいです。

(東京都在住の20歳・水玉好き)

<リード>
三寒四温でいこうぜ!
季節の変化と物事の熟成は三寒四温だぜ。
昨日まで良く進んでいても明日は状況が変化するぜ。
あせらず三寒四温で物事を達成しようぜ、
熱いぜ!!

<回答>
俺も24年前に上京した時には原宿竹下通りでショッピングし、
店員の勧めを断れずに騙されるような価格で
洋服買わされた苦い経験があるぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!

1、This is キャンセルで行こうぜ!

そんな俺も今では世界有数の買い物都市である
「パリ」
「香港」
「ニューヨーク」
「ビバリーヒルズ」
などで一流ブランドショップでしっかり買い物ができるようになったぜ!
買い物の基本は勧める店員よりも
俺たち顧客が偉いという認識をしっかり持つことだぜ。
昨年パリのエルメス本店で気に入った物を
1日お取り置き頂いたことがあったが、
一夜明けて気持ちが変わってしまったぜ。
昨日はとっても欲しかったのに、
今は欲しくないという心境に180度変わってしまい、
どのように断るか頭を悩ませたぜ。
しかし、日本語での言い訳も難しい言葉をフランス語や英語で
話すことは更に難しく、
結果シンプルに

「This is キャンセル!」

と店員に話したぜ。
店員は笑顔で「OK」と反応してくれたぜ!
いいか、店員は店員であって客の気持ちの変化など、
わがままを受け入れることがプロフェッショナルであり、
特に欧米諸国のサービス提供者はその意識が強いぜ。
逆に言えば俺たち日本人は断ることや気持ちが変わったことに、
言い訳し過ぎる傾向が高いぜ。
お前ももっと自分に自信をもって、
勧められても欲しくないものは欲しくない。
欲しいかどうか自信が持てない商品は1日のお取り置き、
気持ちが変わったらキャンセル、
という客本来にわがままを実行してほしいぜ、
熱いぜ!

2、身なりを整えろ!

更に買い物上手になるためのアドバイスをするぜ。
パリの有名ブランドで買い物をするには
まず身なりを整えてジェントルなスタイルで買い物することがマナーだぜ!
客が店を選ぶのと同様に店も客を選んでいるからだぜ。
店のステータスやイメージを向上させるような身なりが
綺麗な客はウエルカムであり、一目を置かれるぜ。
しかし日本人観光客にありがちな身なりが
普段着でお金だけは持っているぜ、
という雰囲気を出している観光客は明らかに嫌われるぜ。
つまりお店と客がWinWinの関係になることで、
対等な大人なショッピングカルチャーを満喫できるというわけだぜ。
ちょっと緊張するかもしれないが、
しっかりした身なりでショッピングし、
WinWinを目指して欲しいぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 2008年4月12日 14:13

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/658

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005-2020 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |