日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2007年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 端午の節句企画! | メイン | sydneyシリーズ2:ピンクフラミンゴ! »
Rティーチャー5 2007年5月 8日
 

DSC01301.JPG

DSC01302.JPG

授業中に眠っている奴って、
高校時代の俺のような奴だぜ!
後先を考えずにその瞬間の生理現象に
素直に従う正直な奴だぜ。
先生はどうしていいか困ってしまうぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!!


●自己責任を痛感させろ!


俺も高校時代はよく眠っていたぜ。
頑張って授業を聞こうとしているにも関わらず、
睡魔に襲われ眠ってしまったぜ。
俺は授業中に眠ることは二つの理由で
選択権を生徒に与えてはどうかと考えるぜ!


第一に
眠る行為は自分が損をすることはあっても、
他人に迷惑をかけるものではないことだぜ。
前述したように高校時代に居眠りをしていた俺は
今になって後悔することがあるぜ。
もっと勉強していれば人生は大きく変わっていたかも、
とふと考えることがあるということだぜ。
しかし、それもこれも自己責任であり、
自分が撒いた種であるので自分の中で消化しなければいけないぜ。
俺みたいな居眠り先輩がいて、
40歳になって後悔していることを生徒全員に話し、
自己責任の厳しさを教え、
授業に対する主体性を持たせるべきだと考えるぜ!


第二に
社会の厳しさを教える意味において
居眠りを注意しないことだぜ!
それは、社会に出てからも、
会社を代表して社外せミナーに参加したり、
ロングな社内会議が存在したりするぜ。
その時に眠っているビジネスマンが沢山いるぜ。
しかしそんな行為を注意してくれるやさしい人は存在しないぜ!
眠っている人はどんどん評価を落として、
信用を失い、
負け組への突っ走っていくことになるぜ。
厳しい競争を勝ち抜かなければいけないビジネスマンは
自墜落していく人がいることはウエルカムであり、
競争が楽になるから注意など絶対しないぜ!
社会人はまさに、自己管理と自己責任の世界であり、
授業中の自己管理はその縮図でもあるということだぜ!
社会の厳しさを教える意味においても、
居眠りは注意しないとを宣言すべきだぜ。
居眠り癖にどんなマイナスがあるのかをしっかり提示したうえで、
あとは自己責任でいこうぜ、
熱いぜ!!

人気blogランキングに登録だぜ!熱いぜ!

投稿者 admin : 2007年5月 8日 12:44

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/370

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005-2020 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |