日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2009年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 成功の法則92ケ条 | メイン | HappyWedding石塚君! »
愛と怒りの中間点「データに惑わされるな!」 2009年7月10日
 

DSC00273.JPG
DSC00274.JPG

人気blogランキングに登録だぜ!熱いぜ!

<今月のお悩み>
夫が転職を考えているのですが、
この大不況のなか
本当に転職できるのか不安でなりません。
応援するべきか、
それとも景気が上向くのを待つよう反対するべきか……。
大條さんはどう思いますか?

(栃木県在住の36歳・)

<リード>
言いたいことはハッキリ言おうぜ!
いったことで摩擦がおきてたとしても
言いたいことはハッキリ言おうぜ。
ストレスをストックしない人生は言いたいことを、
言い方を丁寧にハッキリ言うことだぜ、
熱いぜ!
<本文>
有効求人倍率が史上最低の時代だぜ。
お前が夫の転職活動を心配するのも無理はないぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
1、データに惑わされるな!
有効求人倍率は史上最低だが、
この時代でも求人企業があるのは事実だぜ。
つまり景気に関係なくいつの時代も優秀な人材は
どこの企業でも獲得したいということだぜ。
もっと分かりやすく言えば
不景気な時代に大きな利益を獲得してくれる人材が
いるのであれば何名でも企業は
採用したいと考えるということだぜ。
そういう観点でお前の夫がどのような仕事をしていて、
どれだけの実力があるのか?
が分からなければ転職の成功を占えないぜ。
いいか、
今お前に必要なことは時代を不安視することではなく、
夫の実力を見極めてあげて適切にアドバイスすることだぜ。
そして夫に実力があり、
この不景気の時代をも自己成長することで
仕事を楽しめるのであれば、
転職は全く問題ないぜ。
有効求人倍率やGDPのマイナス成長など、
マスコミがあおっている不景気ムードや
不景気データに惑わされない
しっかりとした判断をしてほしいぜ、
熱いぜ!
2、ネガティブは見抜かれるぜ!
一方でもし夫が現在の職場をネガティブな理由で
逃げ出したいという転職理由であれば転職など考えるな!
とアドバイスしたいぜ。
それはたとえつらい職場であったとしても、
逃げ出す癖をもっている人間は
面接時に100%見抜かれ
新しい職場に採用されることはないからだぜ。
俺も長年経営をしていると、
どんなスタンスの人間なのか?は
面接で100%見抜けるぜ。
前述したように今求められる人材は
不景気を不景気とも思わずに、
自分の職場の利益獲得のために主体的に奔走し、
結果与えられた目標以上の成果を出す人材だぜ!
つまり、
どんなつらいことがあってもネガティブなことを言わず、
職場のせいにせず、自らの意志で成果に突き進める人材あぜ。
夫が転職したい理由が現在の職場に対する不満や
ネガティブな理由からくるものであるならば、
言ってあげてほしいぜ。
あなたが望むようなバラ色の職場などこの世の中に存在しない、と。
そして家庭を守るために転職など考えずに今の職場に留まれと。
ネガティブは見抜かれるぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 2009年7月10日 09:40

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/1111

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005-2020 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |