日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2007年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 伊藤君HappyBithday! | メイン | お前の力で自由を獲得しろ! »
リクルートエージェントだぜ! 2007年8月 8日
 

DSC01809.JPG

DSC01810.JPG

<今月の相談内容>

私の住んでいる町は田舎だからということもあるのでしょうか、
いまだに職場で女性のお茶くみ当番があります。
後輩だからという理由なら納得もできますが、
女性だからでは納得できません!
どうしたら変えられるでしょうか。

                     (静岡県在住・祭)

<リード>
大きな声をアウトプットしようぜ!
できることはできる、できないことはできない。
いいと思うことはいい、
悪いと思うことは悪い。
シンプルに自分の気持ちをアウトプットしようぜ。
これで全ての問題は解決するぜ、
熱いぜ!!

<回答>
女性の社会進出時代にあって「お茶くみ」の問題は
明確な答えのでないある意味ナイーブな問題だぜ。
俺の考えをアドバイスするぜ、
熱いぜ!!

1、来客用のお茶に当番を限定しろ!
じつは、俺はゼロインという会社を経営しているぜ。
従業員数100名、平均年齢27歳、
男女比率が50%:50%の会社だぜ。
ゼロインでは来客者用のお茶は総務の女性社員が
当番制で対応しているが、
社員向けのお茶はもちろんセルフサービスにしているぜ!
顧客向けに実施されるティーサービスは
会社のおもてなしなどのイメージ戦略上とても重要であるぜ。
したがって、総務が忙しくてもなるべく
ティーサービスを総務にお願いしているというのが
ゼロインの現状だぜ。
しかし、ティーサービスが社員向けになると話は全く別だぜ。
もし、お前の会社のお茶当番が
社内向けサービスのために実施されているとすれば、
今すぐセルフサービスに切り替えるように提案しても失礼はないぜ。
お茶くみを「業務」とみるか、みないかは個々判断基準はバラバラだが、
これから会社を成長発展させたいと考えている経営者であれば、
賢明な判断をするに違いないぜ。
社員にその業務の意義を説明できないあいまいな仕事が
どれだけ社員のモチベーションを低下させるか、
少し考えれば分かるはずだぜ。
その意味でティーサービスは対象を顧客と社内に区分し、
社内対象のものは全てを廃止し、
セルフに切り替えることを建設的に提案してほしいぜ、
熱いぜ!
熱いぜ!

2、リクルートエージェントだぜ!
もし、社内対象のお茶くみ廃止が廃案になった場合は、
シビアに転職を含めて対応方法を考えることを勧めるぜ。
上記のような建設的な提案を廃案にする経営者は
社員の成長やモチベーションを全く考えない昭和な会社であり、
これからの成長は期待できないぜ。
つまり、そのような会社にいるお前も成長することは難しく、
常にお茶のストレスと戦うネガティブな人生を送ることになってしまうぜ!
それでよければ転職の必要がないが、
もし将来の自己実現を考え、
イキイキと働ける職場に行きたいと思うのであれば

RAG(リクルートエージェント)

などの、人材紹介会社をお前の転職エージェント(代理人)とし、
FITする会社を徹底的に探し出して欲しいぜ。
終身雇用の時代は終了したぜ。
不本意な会社には見切りをつけ、
ステップアップできる会社へと転職することで自己実現をしてほしいぜ。
世の中には女性の能力をポジティブに活用したい、
という平成な会社は沢山あるぜ。
嫌な会社にはお前からおさらばを言ってほしいぜ、
熱いぜ!

人気blogランキングに登録だぜ!熱いぜ!

投稿者 admin : 2007年8月 8日 14:26

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/449

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005-2020 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |