日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
RSS1.0
RSS2.0
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
向研会16年7月セミナー :2016年7月15日
 

160715.jpg

本日、7時半から
向研会7月セミナーに参加した。
本日はAirBnB田邊社長と
大前先生が
「民泊がもたらすビジネスチャンスをいかに活用するか」
というテーマで講演された。
現在インバウンド2000万人を達成した日本は
大都市圏でホテル稼働率は90%を超えており、
3000万人に対応することは物理的に不可能。
AirBnBはじめ民泊を推進しなければ
状況は打開できない。
ちなみに、AirBnB社の2015年伸び率は
日本が世界で一番だったようだ。
民泊市場でも日本は世界から注目されている。
ゼロインもDeepJapanというインバウンド向けサービスを
3年前から実施している。
田邊社長と何かコラボレーションできるかもしれないと感じた。
大前先生、田邊社長、
本日はありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 16:40 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

HRーEXPO :2016年7月13日
 

160713.jpg

本日からビックサイトで
HRエキスポがスタートした。
当社は夏祭り風のブースデザインで
EXPOに参加している。
事業企画室とCD部メンバーが
顧客獲得にむけてブース集客を頑張っていた。
ミニセミナーあり、
無料診断あり、
クラウド型社内報制作システム紹介あり、
内容盛りだくさんのブースになっている。
今日から3日間、
みんな幅広く我々の価値をご案内よろしく!
熱いぜ!

投稿者 admin : 13:05 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「ラーメン部を設立しろ!」 :2016年7月 4日
 

160704.jpg

<今月のお悩み>
ラーメンが止まらない。
ラーメンがとにかく好きで、
飲み会帰りのラーメンがやめられないことが悩みです。
帰り道、気づいたら1人でラーメンをすすっている自分がいます。
深夜のラーメンが美容・健康に悪いことは分かっているのですが...。


<回答>
深夜のラーメンはお前が心配する美容健康の悪化に加え
俺の年になると成人病の引きかねになる大問題だぜ。
お互い重要なテーマだぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎ラーメン部を設立しろ!
深夜にラーメンを食べたくなる理由を突き詰めると、
その前の飲み会にラーメンを食べていないことが原因だぜ。
一軒目の飲み会からラーメンを食べることで解決するぜ。
そのために「リクルートラーメン部」を設立してほしいぜ!
お前の大先輩で大阪支社でラーメン部を設立した人がいるぜ。
彼は大阪のありとあらゆるラーメンを食べつくし、
その店を後輩に共有することと、
新たなラーメンの名店の開拓を目的としてラーメン部を設立したぜ。
俺も大阪出張の際に様々な店に連れて行ってもらったが、
大阪ならではのコスパのよいB級グルメが数多くリスト化されていて、
ラーメンに限らず食い倒れ大阪を堪能できたぜ。
いいか、お前もラーメン部を設立し、
1軒目からラーメンを楽しむ運動を広げてほしいぜ。
ラーメンの汁を飲まなければ1杯のラーメンカロリーは
500キロカロリー程度だぜ。
2軒はしごしても飲み会での摂取カロリーを考えると、
ヘルシーだぜ。
美容と健康を考える女子が中心となって
1軒目からラーメン部で盛り上がってほしいぜ。
設立記念には俺も参加するぜ。
ラーメン最高だぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 09:54 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会16年6月セミナー :2016年6月17日
 

160617-2.jpg

本日7時半、
向研会に出席した。
今月は
「フィンテック革命の本質」
について大前先生から講義頂き、
「フィンテックが生み出す価値」
について、
インフキュリオンG丸山代表から講義頂いた。
フィンテックとは金融と技術を合わせた造語で、
世界の投資規模は2014年で1.5兆円と急成長している。
僕の身近でも、
飲食の決済がタブレットレジや
uberをでのキャッシュレス
を通じて、フィンテック革命を感じる。
講義の中で、
フィンテックを理解する4つの原理が示された。
1、価値があるものとは何でも貨幣と置き換えて考えられる。
2、価値は時間の関数である。
3、スマホのエコシステムを使えば、瞬間に全世界、誰とでも取引できる。
4、以上3つの原理を実行するために必要な信用を(サーバー空間で)
提供するものが、国家や金融機関にとって変わる。
これから世の中が大きく変わりそうだ。
このような潮目の変化に大きなビジネスチャンスがあることを
感じるセミナーだった。
大前先生、丸山代表、
ありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 09:41 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「ルーレットをイメージしろ!」 :2016年6月 6日
 

160606.jpg

<今月のお悩み>
フリーアドレスを活用するには?
4月に異動した部署のフロアがフリーアドレスになりました。
異動したばかりで慣れていないのもあって、
どこに座ればよいか迷い、
結局いつも同じ席に座ってしまいます。
何か楽しい席移動案を教えてください!

<回答>
固定座席からフリーアドレスに変わると様々な出会いが生まれるぜ。
これはチャンスだぜ。楽しまない手はないぜ。
アドバイスするぜ、熱いぜ!
◎ルーレットをイメージしろ!
ルーレットをイメージしてほしいぜ。中央と右と左の3つの列があり、
各列には赤と黒の数字が配置されているぜ。
俺のルーレットの戦い方は、
列の選択×赤か黒のいずれかの数字にコインを置くぜ。
例えば中央の赤と予想すると、
5・14・23・32という数字になるぜ。
このやり方はディーラーとのバイオリズムが合えば
面白いくらいにヒットするぜ。
もちろんこの話は海外で合法的ルーレットであることを確認しておくぜ。
さて、話しをお前の相談に戻すと、
フリーアドレスの座席をルーレットの数字盤だと思ってほしいぜ!
まず全体レイアウト図面を総務から取り寄せ、
ルーレット盤のように座席に使いチップを落としてほしいぜ。
「中央・右・左×窓側・入口側」の選択をし、
ルーレットで勝負する時のように決定してほしいぜ。
決定した座席を朝一番で確保し、となりに誰が座るかを楽しんでほしいぜ。
自分のとなりに座る人が誰になるかでアタリとハズレを楽しめ!
ということだぜ。
あたりはずれに関係なく、
座席をアクティブに変化させることで様々な人と出会えることになるぜ。
これによってお前には沢山の新しい仲間が増えるぜ。
フリーアドレスを楽しんでほしいぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:28 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

小泉元総理大臣 :2016年6月 1日
 

小泉元総理.jpg

昨日、島田塾に参加した。
今月のゲストは小泉元総理大臣だった。
島田先生が小泉元総理のブレーンを勤められたご関係で
特別に講演頂いた。
島田先生のご配慮で小泉元総理と名刺交換させて頂いた。
僕はDeepJapanの取組みを報告した。
約700名の在日外国人がボランティアで
日本の良さを全世界に発信しているメディアであること。
その700名がインバウンドを受け入れる日本企業をサポートすること。
そのパッケージとして多言語サイト支援をスタートすること。
小泉元総理は「それはディープインパクトだ!」と
DeepJapanにかけてジョークを言われた。
その場が湧いた。
「インバウンドは日本の重要な産業だ、素晴らしい取組だね」
と最後に激励頂いた。
かなりモトベーションが上がった。
来週から多言語パッケージ「Yamato」の営業をスタートする。
その後押し頂いたように嬉しかった。
小泉元総理、島田先生、
本当にありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 08:48 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

「田中角栄100の言葉」宝島社著 :2016年5月26日
 

160526.jpg

今、田中角栄ブームだと聞いた。
何故ブームなのか?
実際に本を購入した。
この言葉に出会って理解できた。

田中角栄100の言葉より。
「手柄はすべて連中に与えてやればいい。
ドロは当方がかぶる。
名指しで批判はするな。
叱るときはサシのときにしろ。
ほめるときは、大勢の前でほめてやれ。」
圧倒的なリーダーシップだ。

我々は先人のリーダーシップを学ぶ必要がある。
田中角栄ブームは時代の必然としてやってきた。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:20 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

木村太郎君を励ます会2016 :2016年5月20日
 

160520-3.jpg

昨日、
自民党広報本部長
木村太郎議員を励ます会を開催した。
高校の同級生を代表して
僕は発起人及び当日の司会を勤めさせて頂いた。
多くの自民党の国会議員が祝辞のために参加された。
会場が沸いたのは
木村議員と仲がよい山本一太議員の挨拶だ。
山本一太議員はマスコミでもおなじみで
前内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)の
要職を勤められた。
木村議員とのかけあいが二人の関係の濃さを印象付けた。
政局が注目される中、多くのマスコミも参加されていた。
自民党の広報本部長は責任重大だと
印象付けられた瞬間だった。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:53 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「どんどんハマレ!」 :2016年5月 2日
 

160502.jpg

<今月のお悩み>
4月の異動で札幌へ行きます。
今まで東京生まれ東京育ち、かつずっと実家暮らしだった私。
多くの不安があるのですが、特に札幌のすすきのにハマると
お金がいくらあっても足りないと聞き不安です。
この術中にはまらないためにはどうすればよいのでしょうか。


<回答>
俺は青森生まれ、青森育ちでリクルート(東京)に入社したぜ。
お前の全く逆だぜ。俺は東京にハマったぜ。
そんな経験者の俺がアドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎どんどんはまれ!
俺に限らず地方出身者は東京にハマるぜ。
東京は田舎にない様々なサービスやエンターテイメントがあり、
初めて体験するサービスの価格を評価するのは難しいからだぜ。
俺も当然理不尽な価格で物を購入したり、
サービスを受けたりして反省することが多々あったぜ。
また分不相応に飲食をしてしまい給与がすぐに底をついたこともあったぜ(笑)。
そういうことも含めて全ては経験であり、
若いころの失敗があるからこそ、今の俺があると考えているぜ。
話しをお前に戻すと、
確かにすすきのは魅力的な街であることは間違いないが、
東京にないオリジナルなサービスはないぜ。
その意味では価格評価をお前はできる状況にあることが俺とは違うぜ。
価格が適正であれば、あとは頻度とグレイドの問題だぜ。
そこは逆に沢山はまった経験をすることが
お前自身への先行投資だととらえてほしいぜ!
はまるを恐れずポジティブにアクションしてほしいぜ。
その姿は国家にとって内需拡大につながる、
消費者のロールモデルであるとも言えるぜ。
すすきのにどんどんはまって、すすきのに沢山の仲間を創って、
お前の人生を豊かにしてほしいぜ。
落ち着いたら俺もすすきのにはまりに行くぜ。
その時は一緒に飲もうぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 14:05 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

初任給授与2016 :2016年4月26日
 

160426.jpg

本日、
新入社員に現金の初任給授与式を行った。
当社は創業から新卒社員に対して
現金で初任給を渡している。
働いてもらう初の給与の重みを
現金で渡すことで実感してもらいたい、
という思いをこめている。
新人のみんな、1カ月お疲れ様。
自分の給与以上の働きをすることを
期待してます。
熱いぜ!

投稿者 admin : 09:34 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |