日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
RSS1.0
RSS2.0
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
月刊総務3月号 :2017年2月10日
 

170210.jpg

月刊総務3月号に
「戦略総務的"場"の発想」
のインタビュー記事が掲載された。
当社ゼロインが目指す
「コーポレートアクション」
を創造するキーセクションが総務だと
メッセージした。
熱いぜ!

投稿者 admin : 12:49 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

2017年上期キックオフミーティング :2017年1月30日
 

170130-2.jpg

28日(土)、
ゼロインキックオフミーティングを開催した。
2014年から掲げた「基盤を創る」
という3カ年計画を振り返り、
2019年までの新3カ年計画を共有した。
新3カ年の初年度となる2017年の方針は
「プロフェッショナル」
とした。
プロフェッショナルとはどんな人なのか?
我々経営陣からその定義をプレゼンし、
ワールドカフェでみんなに考えてもらった。
様々な意見が出た。
顧客の期待に応えられる人、
成果を出せる人、
という目指すべき姿は共有できた。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:25 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

島田塾、2017年頭所感 :2017年1月26日
 

160126.jpg

今週、
島田塾の2017年頭所感セミナーに参加した。
トランプショックとアメリカの変貌、
Brexitと欧州の激動、
プーチンのロシアとその野望、
中国経済高度化への挑戦と拡張主義の意味、
中東複合危機のもたらす世界不安、
第一次アベノミクスの評価
第二次アベノミクスの内容と可能性、
日本の針路:プランA、
日本の針路:プランB、
2時間半にわたって講義頂いた。
日本の針路を真剣に考える機会の場となった。
島田先生、
ありがとうございました、
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:55 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会17年1月セミナー :2017年1月20日
 

170120.jpg

本日7時半、
2017年最初の向研会に参加した。
今年も早朝から満席だった。
今月は大前先生との出会いを機会に
起業された
オプティムの菅谷社長が
「第四次産業革命」
というテーマでオプティム社が取り組んでいる
AI・IOTを使った革命事例をご講義頂いた。
「コマツ×AIの建築業界革命」
「佐賀大学農学部×AIの農業革命」
「佐賀大学医学部×AIの医療革命」
など、オプティム社の活躍は驚きだった。
菅谷社長の好きな
「変化はとはそれを利用しようと思う者にとっては好機となり、
それを無視・傍観しようとする者にとっては危機となる」
という言葉にはとても共感をもった。
僕の「ピンチをチャンスに変えろ!」という思想に
通じるものがあった。
菅谷社長、大前先生、
ありがとうございました、
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:08 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「禁酒体験しろ!」 :2017年1月10日
 

160110.jpg

<今月のかもめのお悩み>
明日のために早く帰りたいのですが...。
次の日が平日でも、つい遅くまで飲んでしまい、
翌日とても反省します。
飲み会の雰囲気や話が楽しくて、
ついもっと飲みたくなってしまうのですが、
どうすればその場の気分に流されず、
帰る事ができるでしょうか?


<回答>
お酒を飲み過ぎて翌日ツライ!
それはまさに俺の日常だぜ。
お酒を飲んだ翌日は反省してもまたやってしまう、
よく分かるぜ。アドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎禁酒体験をしろ!
俺は健康上の問題で1カ月の禁酒をしたことがあるぜ。
しかも禁酒したのは忘年会ラッシュの12月だったぜ。
立場上宴席を欠席するわけにはいかない俺は
ウーロン茶だけで二次会までフル参加したぜ。
その時じつに面白い現象に気付いたぜ。
飲むと人は同じことを発言し、
周囲も初めて聞くように何度も頷くという現象だぜ。
シラフで会話に参加していると心の中で
「それ3度目の発言!」
と突っ込みたくなるほどだったぜ。
そんな禁酒体験を通じての総括は、
お酒が入ると何度も同じ会話がリフレインされ、
話し手も聞き手も同じ場面で何度も笑うということだぜ(笑)。
俺は禁酒をして宴席に参加したことで
心から二次会はパスしたいと思えたぜ!
それまではお前のように楽しいから
二次会三次会までトコトン派だったが。
いいか、お前も一度禁酒をして宴席に参加してほしいぜ。
それによって俺が感じたような感情が芽生えるはずだぜ。
流されることなく一次会で帰りたい
という新しいお前と出会えるはずだぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 13:15 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

謹賀新年2017 :2017年1月 5日
 

160105.jpg

あけましておめでとうございます。
田中角栄先生の
下駄の雪精神で、
努力・根気・勉強を大切に活動して参ります。
本年もよろしくお願い致します。
熱いぜ!

投稿者 admin : 11:56 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会、2016年経済総括セミナー :2016年12月16日
 

161216.jpg

昨日、
向研会の2016年経済総括セミナーに参加した。
大前先生の2016年総括と
2017年展望を伺うことで、
来年の当社戦略のベースを確認している。
今年もとても素晴らしいセミナーだった。
大前先生、
ありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 09:46 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

オービックシーガルズ2016東京ドーム :2016年12月13日
 

161213-1.jpg

昨日、
東京ドームで行われた
アメフト社会人リーグの決勝にいった。
オービックシーガルズが
2年ぶりに決勝進出した。
東京ドームで応援できなかった
2年間の悔しさを思い返し、
昨日はじつに興奮した。
我々の仲間の
KJ、BJ、KAI、ジェリーは大活躍だった。
素晴らしい!
しかし、残念ながら優勝することはできなかった。
この悔しさを来年東京ドームで晴らしたい。
東京ドームに連れて行ってくれた
オービックシーガルズの皆さん、
ありがとう。
熱いぜ!

投稿者 admin : 12:51 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「友人に便乗しろ!」 :2016年12月 5日
 

161205.jpg

<今月のかもめのお悩み>

趣味がなくて悩んでいます。

友人から「休みの日はいつも釣りしてる」とか
「食べ歩きしてる」と聞くと、
良いなーとは思うのですが、
どうも自分で何かしよう!
という気になれません。
人生の先輩にこれだ!
という人生の楽しみの見つけ方を教えて欲しいです。

<回答>
趣味は人生を豊かにするというけど、
それを実感できる瞬間って意外にないぜ。
俺の経験談を伝えることでイメージできるように
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎友人に便乗しろ!
俺は20代、テニスにはまったぜ。
学生時代に全くテニス経験はなく、
社会人になってからスクールに通い、テニス仲間を創ったぜ。
毎週末その仲間とテニスをすることが
ルーチン化した頃に俺は独立創業したぜ。
退職前日、明日から出社する場所がなくなることに
耐えられない喪失感に味わったぜ。
その時に救ってくれたのがテニスだったぜ。
職場は変わり仲間はいなくなったが、
土日になれば今まで同様テニスを楽しむ仲間がいる
ことが大きな心の支えになったぜ!
独立直後は土日にテニス仲間と会えることが
テニスをする以上に楽しみになったぜ。
職場以外に仲間がいる、
それが人生を豊かにすることを実感したぜ。
いいか、今はまだ分からないかもしれないが、
趣味を通じた仲間を創ることは
人生にとって大切だったと気づく日が必ずやってくるぜ。
友達や先輩の趣味に便乗したり、
彼女と一緒に何かを初めてみることが
趣味のキッカケを創造してほしいぜ。
俺がそうだったように、
今アクションすることで将来のお前が
その意味を実感するはずだぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:03 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「内需拡大プロデューサーだぜ!」 :2016年11月 7日
 

161107-2.jpg

<今月のかもめのお悩み>
衣替えをしたらいらない服が大量に出てきました。
その中に新品の服も混ざっていました...。
服があふれているのに、どんどん服が欲しくなる。
この物欲、どうすれば止められますか?


<回答>
人には様々なタイプがあるぜ。
洋服を必要以上に買い過ぎる物欲タイプは
俺も全く同様だぜ。アドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎内需拡大プロデューサーだぜ!
自分の物欲を制限できる冷静タイプは欲しい服を買う前に、
いらない服を処分して洋服のストックを無駄に増やさない工夫をしているぜ。
TVに出てくる整理整頓アドバイザーなる人が
そのようなスキルを紹介していたぜ。
それも一つの考え方であることは間違いないが、
俺とお前には全く的外れだぜ。
そもそも物欲を制限する行為こそナンセンスだぜ。
お前はお前のままで突っ走ってほしいぜ。
俺達は内需拡大プロデューサーでいこうぜ!
何の制限もなく直感でほしい服を購入し、
衣替えの瞬間にその事実を思い出し、
既に流行が終わっているためバザーで処分する。
いっけん無駄遣いにもほどがある行為だが、
そのような無駄な消費が少なさすぎることが日本経済を圧迫しているぜ。
俺達は俺達のように生き、結果的に無駄をしてしまうことで
貢献する内需拡大プロデューサーだということだぜ!
俺達のように衣替えの季節に無駄な洋服を買ったことで
落ち込んでいる人は沢山いるぜ。
お前がアドバイザーとしてありのままに購入する痛快感を
しっかりアドバイスしてほしいぜ。
お前は内需拡大の象徴となれるぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 11:59 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |