日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 愛と怒りの地平線「寝落ち社会の創造だぜ!」 | メイン | 愛と怒りの地平線「加齢臭も香りの一部だぜ!」 »
向研会2020.6月セミナー 2020年6月22日
 

200619.jpg
200619-2.jpg

今朝、6月向研会に参加した。今月はリアル会議だった。

参加メンバーが3か月ぶりに会った。

早朝から挨拶で会場が活性化した。

さて、今月のテーマは「日本の行政の問題とあるべき姿」、

大前先生が講義された。大前先生のライフワークともいえるテーマで講義は大いに活性化した。

最大の問題点は日本政府のデジタル化。

Digital Governmentランキング(UN)日本は10位。ちなみに1位デンマーク、2位オーストラリア、3位韓国。

日本は大きく出遅れている。

台湾は39歳の天才エンジニアのオードリー・ターン氏をデジタル総括大臣に起用したことで推進された。

その成果がコロナ対応のDX力で世界の注目を集めた。

一方日本のIT・科学技術担当大臣ははんこ議連会長を務めている(笑)。

コロナ対応におけるリモートワーク調査で最大のネックになったと回答されたのが捺印問題。

政府DX化を推進するには、担当大臣の人選から改革しなければならない。

大前先生はインド人口13億人のDXを数年で成し遂げた元インド身分証明庁長官のナンダン・ニレカーニ氏であれば、

日本政府のDXを3年で実現できるという独自案を提案された。

僕は大賛成。DX競争力を高めるためには、IT大臣はグローバル化した方が効果的だ。

まさに、デジタル・マッカーサー。

約20年前、小渕~森内閣の時代に「5年以内に世界最先端のIT国家となることを目指す」と宣言した。

しかし実質的に進んでいないことがコロナ問題で全国民が肌で感じた。

政策が実行されないことをチェックするのが国民の大切な責任だと考える。

都知事選が公示された。政策実行力をしっかりチェックし投票したいと痛感した、

熱いぜ!

投稿者 admin : 2020年6月22日 10:48

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/2347

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005-2020 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |