日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2010年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 愛と怒りの地平線「摂取カロリーに気をつけろ!」 | メイン | 人間ドック検査結果! »
愛と怒りの中間点「相手の趣味を徹底追及しろ!」 2010年11月16日
 

101116-1.JPG
101116-2.JPG

人気blogランキングに登録だぜ!熱いぜ!

<今月のお悩み>
友達や恋人へ贈り物をするときに、
悩んで悩んで、
結局なんか違う?
というものを買ってしまったりします。
選び方のコツなどありますか?

(埼玉県在住の25歳・戸田あきこ)

<リード>75
愛情の反対は無関心だと
マザーテレサは言っているぜ。
いい社会は家族に関心を持ち、
職場の仲間に関心をもつことからスタートするぜ、
熱いぜ!

<キャッチ>70
彼氏彼女への贈り物に限らず、
人付き合いにおいて贈り物のセンスがいい人は
人生を有利に進めるぜ。
つまり贈り物は人生を勝ち抜くための
戦略ツールだぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!

<本文>832
1、相手の趣味を徹底研究しろ!
贈り物で悩むということはその重要性を
理解しているということであり素晴らしいぜ。
しかし結果的に違う?
と思われるものを贈ってしまうことは
大いに問題があるぜ。

違うものを選択する原因は相手の趣味思考を
お前が理解していないことになるぜ!
贈り物は高価であればよいとか、
一般的にみんながほしいものであればよいとか、
そういうことではないぜ。

贈る相手が
「これ欲しかったんだ」
と思えるものであることが一番であり、
そのためには相手の趣味を
徹底研究する以外に答えはないぜ。
徹底研究とは普段の会話であったり、
身に付けているものであったり、
どんなものを好む人なのか?
のアンテナを張っておかなければならないぜ。

俺は遠い昔、
彼女の好みを省みず一方的に
100本の赤いバラを
贈って大クレームをもらったことがあるぜ。

花を喜ぶ女性もいれば、
迷惑だと思う人もいらっしゃるぜ。
もらって嬉しいものは何であるのかは
その人次第だぜ。
相手を理解することからスタートしてほしいぜ、
熱いぜ!

2、一般の贈り物について!
友人や恋人ではなく、
仕事関係や近所付き合いなどでも
贈り物を差し上げるシーンがあるぜ。
社会的ポジションが上がれば上がるほど
どんな贈り物をするのか?というセンスは
自分の人格を図られるほど大切であると考えるべきだぜ。

このようなケースにおいては
個別的な相手の趣味を確認するわけにも行かないぜ。
相手の性別・年齢・家族構成・出身地など
今知りうる情報から嗜好物を推測し贈るぜ。

例えば年齢が60代の人には
「とらや」の菓子が喜ばれる傾向があるし、
お酒が好きな40代には
出身地の地酒が喜ばれる傾向があるぜ。

少なくとも相手が喜びそうな物についての確率を
高めるように努力することが重要だぜ。
自分の世界の中で迷っていても
いい贈り物は選択できないぜ。
相手を知り相手が好みそうな贈り物を贈ることは
一般的な贈答の場面においては
最も大切なことだぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 2010年11月16日 08:19

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/1477

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005-2020 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |