日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 内定式221003 | メイン | 熱いぜ!嬉しいお言葉 »
愛と怒りの地平線「合格点を目指すな。妻ファーストが最高のソリューションだぜ!」 2022年10月 6日
 

221006.jpg

<今月のかもめのお悩み>
合格点が見えません。
在宅勤務やおうち時間が増え、妻に頼りきりだった家事や育児を徐々に分担しています。ただ、家事や掃除を自分流でやると、「それは後でもいいんだよ」「ここをこうして!」と、なかなか満足してもらえず...。その度に考え方をアップデートしているつもりなのですが、いつ合格点に届くのか先が果てしないようにも思えてきました。この感覚の違いはいつか合わせられるようになるのでしょうか?


<回答>
俺もコロナ禍でリモートワークを経験し、家事にチャレンジしたぜ。残念ながら俺も全くお前と同じ結果だったぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
<キャッチ>
合格点を目指すな。奥さまファーストが最高のソリューションだぜ!
<本文>
俺は何故家内を超える事が出来ないのか?考えたぜ。家事や育児はレギュラーワークのように見えるが実はイレギュラーの連続であり、過去の経験値に基づく高度なナレッジが必要な仕事だと痛感したぜ。その為、俺が自立した家事をしようとしてもイレギュラートラブルに遭遇し、その都度家内の判断を求めなければならなかったぜ。俺は建設的に家事の自立を目指すのではなく、与えられた基本ワークの安定遂行に徹することにしたぜ。ゴミ出し・キッチンへの食器移動・雑草抜きなど、どれもこれも家事や育児の周辺ワークだが、そこにやりがいと自分の存在感を見出したぜ。家内が積み上げたナレッジを日々尊敬し、家内ファーストのフォーメーションを取っているぜ。お前も焦らずにまずは周辺ワークの完全遂行と奥さんファーストをお互いにできているか相互確認する事をお勧めするぜ。家事と育児は例外ではなく何事も自立に時間がかかったとしても自分が出来る前向きなアクションをやり続けた人だけが道を開くことが出来るぜ。奥さんを尊敬しながら自分の家事ワークの安定化を目指そうぜ。いつの日か、俺たちは家事と育児を自立的に遂行できるぜ。その時は俺たちがポストコロナのロールモデルパーソンになるぜ。自信を持って奥さんファーストで行こうぜ、熱いぜ!

投稿者 admin : 2022年10月 6日 11:29

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/2423

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005-2022 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |