日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 日本ヴァイオリン中澤創太社長 | メイン | 向研会2020.11月セミナーon line »
愛と怒りの地平線「ムツゴロウ先生でいこうぜ!」 2020年11月 4日
 

201104.jpg

<今月のかもめのお悩み>
溺愛しているペットに噛まれます。
我が家に来て5年になるシマリスを溺愛しています。
つんでれな性格で、名前を呼んでも振り向いてくれず、話しかけてもウトウト眠り始めたり・・・。
まったく懐きませんがとにかく可愛くて仕方がありません。
食にもこだわりがあり、いわゆるリスのエサには一切手を付けず全部残します。
高級スーパーの野菜以外は一口食べてポイっと捨てる始末。
そんなグルメな一面も可愛いのですが・・・。
なぜか私の指先を大好きなナッツ類か何かだと思っていて、
甘噛みではなく本気で噛んできます。
せめて噛まれる不安なく頭をなでてやりたいのですが、
どうすれば好きになってもらえるのでしょうか?
<回答>
俺はシマリスのような野生動物を飼ったことがないぜ。
犬やネコと違って接し方の難易度は高いはずだぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
<キャッチ>
ムツゴロウ先生でいこうぜ!
<本文>
ムツゴロウ先生を知ってるか?
彼は「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」の収録中にライオンに指を嚙みちぎられたが、
交流ドキュメントを続け、全て放映されたぜ。
野生動物(ライオン)と交流するのは指がなくなっても当然だ
という先生の動物への深い愛情を感じた素晴らしい番組だったぜ!
お前が飼っているシマリスも野生動物だぜ。
野生動物は「自由で当然」だと考えてほしいぜ。
どんなにお前がやさしく頭をなでたとしても、
その瞬間噛みたいと思えば指を噛んでしまう自由な生き物だということだぜ。
人間と違ってYESとNOがハッキリしていることが分かりやすいぜ。
また、お前は5年間もシマリスにご同居頂いているぜ。
その感謝として野生環境と同じ無農薬野菜を食べさせてあげてほしいぜ。
シマリスは高級か中級ではなく、無農薬か有農薬野菜か、という選択をしていると考えられるぜ。
それは野生に帰りたいシマリスに同居頂く最低限のマナーだぜ。
最後に5年間の同居はシマリスが大きな愛情をお前に注いているということだぜ。
お前の最高のパートナーだぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 2020年11月 4日 16:14

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/2359

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005-2020 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |