日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2008年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « O社プロジェクト最終プレゼン! | メイン | おしゃぶり卒業だぜ! »
愛と怒りの地平線「ニーズを先取れ!」 2008年11月 8日
 

DSC04914.JPG

人気blogランキングに登録だぜ!熱いぜ!

<お悩み>
今、単身赴任中なので週末だけ、
地元の妻の実家に居る、妻と子供の元に戻っています。
そこで一つ気になることが・・・
それは、妻の実家に居る妻の父親の存在です。
僕よりも子供と一緒にいる時間が長いわけで。
子供が妻の父親をパパとして認識して、
僕がただの、たまに来るおっさんにならないかが不安です。

<回答>
2ヶ月連続で子供に関する相談だぜ。
俺はこれから親子関係で悩む多くの人へ熱いメッセージを贈る
親子リレーションクリエーターになろうかと考えてしまうぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!!
●ニーズを先取れ!
お前の悩みは子供と一緒に過ごす時間の
希薄さをどのようにリカバリーすればいいのか?
というお題だぜ!
この悩みは単身赴任のお前に限らず、
残業を惜しまず働く日本のサラリーマンがかかえる
共通の悩みともいえるぜ。
解決策は時間の希薄さを密度でカバーしろ!
ということ以外にないぜ。
密度とは子供が感じるインパクトをさすぜ。
そのために子供のニーズを先取ってほしいぜ。
俺は0歳児の息子がミルクが欲しくなる早朝5時には
泣く前にミルクを作り息子に与えていたぜ。
11ヶ月それをやり続けた結果、
息子はミルクが欲しいというシグナルである夜鳴きをしない子になり、
俺との間ではアイコンタクトで会話ができるほど信頼関係は構築されたぜ。
お前も同様にたまに会える子供との時間は
子供をあたかも顧客をもてなす時間、
くらいにニーズを先取ってほしいぜ。
それによってお前と子供の間には俺同様の一体感が生まれ、
時間の希薄さをカバーするのにはあまりある効果が得られるぜ。
きっと子供からはたまに来る変なおじさん、
というイメージから自分のことを誰よりももてなしてくれる
最高のエンタティナーとなるぜ。
子育てはエンターテンメントだぜ
熱いぜ!

投稿者 admin : 2008年11月 8日 09:24

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/841

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005-2020 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |